本文へ
表示モードの切替
印刷

自動車税特集

新着情報

  • 令和3年度自動車税(種別割)の納期限は、5月31日(月)です。また、群馬ダイヤモンドペガサスの選手から自動車税の早期納付を呼び掛けるメッセージが届きました。ぜひご視聴ください。
  • 自動車税事務所では、自動車税(種別割・環境性能割)の課税・収納・減免などの業務を行っています。事務所紹介動画を作成しましたのでぜひご視聴ください。
群馬ダイヤモンドペガサスの画像
画像クリックでYouTube動画掲載先(「tsulunos」)へ外部リンク
群馬県自動車税事務所の画像
画像クリックでYouTube動画掲載先(「tsulunos」)へ外部リンク

Foreign Language(外国人の方へ)

自動車税(種別割)のよくある質問

住民票を異動した場合、納税通知書の送り先は自動的に変わりますか?

 納税通知書は、4月1日現在の車検証上の住所・氏名(車検証の住所・氏名)あてにお送りしていますので、住民票を異動しただけでは変わりません。住民票を異動した場合は、運輸支局にて車検証の変更登録も必ず行ってください。

車検証の変更登録については、自動車検査・登録ガイド-登録手続き(国土交通省:外部リンク)をご覧ください。

車検証の変更が間に合わない場合は、「納税通知書が届かない場合」をご覧ください。

スマートフォンアプリでは納税できますか?

LINE Pay及びPayPayで納税することができます。納付方法については、こちらをご覧ください。なお、継続検査用納税証明書は、5月1日に発布した納税通知書で支払手続きをした場合、手続きを完了した日の2日後(土日祝祭日を除く)に群馬県から納税証明書を郵送します(過年度分の滞納がある場合を除く)。

下取りに出した自動車の納税通知書が届いたのはなぜですか?

自動車税(種別割)は4月1日午前0時現在の車検証上の所有者(割賦販売の場合は使用者)に1年分が課税されます。
 納税通知書が届いたということは、その時点で移転登録(名義変更)または抹消登録(廃車)がされていないということですので、下取りに出した先の方に移転・抹消登録の有無とその日付を確認してください。

普通自動車の納税通知書は届きましたが、軽自動車の納税通知書がまだ届きません。なぜですか?

普通自動車の自動車税(種別割)納税通知書については、自動車税事務所から毎年5月1日に発送しています。
 軽自動車の軽自動車税(種別割)納税通知書については、市役所・町村役場から毎年5月上旬に発送されます(4月に発送される市町村もあります)。
 軽自動車税(種別割)についてのお問い合わせは、車検証に登録している使用の本拠地の市町村にお願いします。

自動車税(種別割)について

ご覧になりたい内容をクリックしてください。

納税義務者(納めるべき人)

 自動車税(種別割)は、毎年4月1日午前0時現在の車検証上の所有者(割賦販売の場合は使用者)にかかる県税です。
 軽自動車や二輪のオートバイ、原付バイクなどは軽自動車税(種別割)がかかります。詳しくは、市役所または町村役場にお問い合わせください。

納税の時期及び方法

 納税通知書は、毎年5月1日に発送します。
 納期限は、毎年5月31日(納期限が土日の場合は、翌月曜日)です。
 納税方法は、以下のとおりです。

(※注)口座振替の申込みについて

 口座振替については、申込みハガキ(群馬県税預金口座振替依頼書)に必要事項を記入し、郵便ポストに投函してお申し込みください。
 なお、申込みハガキは、自動車税事務所・行政県税事務所・市町村窓口及び金融機関窓口等にあります。ゆうちょ銀行の口座はお申込みいただけませんので、ご注意ください。

 令和4年度から口座振替をご希望の場合は、令和4年2月末までに申込みはがきを提出してください。(令和3年度分の申込みについては、締め切りました)

納税通知書が届かない場合

 お近くの行政県税事務所または自動車税事務所窓口にて直接納付いただくか、納付書を送付しますので、行政県税事務所または自動車税事務所までご連絡をください。

税率(税額)

自動車の種類、用途、排気量などにより年税額が定められています。
 税制改正による自動車税(種別割)の引き下げは、令和元年10月1日以降に初回新規登録をされた自家用の乗用車が対象となります。

自動車税(種別割)の年税率一覧(乗用車)
区分 年税率
自家用 自家用(令和元年10月1日以降に新車新規登録の乗用車) 営業用
総排気量が1リットル以下のもの 29,500 25,000 7,500
1リットルを超え1.5リットル以下のもの 34,500 30,500 8,500
1.5リットルを超え2リットル以下のもの 39,500 36,000 9,500
2リットルを超え2.5リットル以下のもの 45,000 43,500 13,800
2.5リットルを超え3リットル以下のもの 51,000 50,000 15,700
3リットルを超え3.5リットル以下のもの 58,000 57,000 17,900
3.5リットルを超え4リットル以下のもの 66,500 65,500 20,500
4リットルを超え4.5リットル以下のもの 76,500 75,500 23,600
4.5リットルを超え6リットル以下のもの 88,000 87,000 27,200
6リットルを超えるもの 111,000 110,000 40,700
電気自動車 29,500 25,000 7,500
  • バス・貨物自動車の税率については、以下の月割税額表をご覧ください。
  • 特種用途自動車(8ナンバー)・キャンピング車の税率については、お問い合わせください。
  • ロータリーエンジン車については、「単室容積×ローター数×1.5」により算出した数値を排気量とみなします。

グリーン化特例(重課・軽課)

自動車税(種別割)のグリーン化特例とは

 環境に配慮し、排出ガスや燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車は、その排出ガス性能に応じ一定の税率を軽減し、初回新規登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車は税率を重くする特例措置をいいます。

環境負荷の大きい自動車への重課

下記に該当する自動車の令和3年度自動車税(種別割)は、通常の税率よりおおむね15%の重課となります。なお、バス・トラックは10%重課です。

  1. 平成20年3月31日以前に初回新規登録したガソリン車・LPG車
  2. 平成22年3月31日以前に初回新規登録したディーゼル車

ただし、次の自動車は重課になりません。

  • 電気自動車、燃料電池自動車
  • 天然ガス自動車
  • ハイブリッド自動車(ガソリンを燃料とするもの)
  • 一般乗合バス(路線バス)
  • 被けん引車

重課の詳しい税率は、以下の月割税額表(重課)をご覧ください。

環境負荷の小さい自動車への軽課

 令和2年度(令和2年4月1日から令和3年3月31日まで)に初回新規登録された次の自動車は、登録翌年度の令和3年度自動車税(種別割)に限り、通常の税率よりおおむね75%または50%の軽課となります。

自動車税(種別割)が軽課対象となる自動車
対象車両 排出ガス要件 燃費要件 燃費要件確認方法 軽減税率
電気自動車(燃料電池自動車を含む) おおむね75%
天然ガス自動車(一定の排出ガス性能を備えたもの)
プラグインハイブリッド自動車
クリーンディーゼル乗用車(ポスト新長期規制適合)
右記の排出ガス要件及び燃費要件を満たすもの リアウィンドウに貼付された青色ステッカーが「★★★★(星印4つ)」のもの
(平成30年度排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減車)
令和2年度燃費基準+30%以上達成している車 リアウィンドウに貼付された緑色のステッカーに次のいずれかの記載があるもの
  • 令和2年度燃費基準50%向上達成車
  • 令和2年度燃費基準40%向上達成車
  • 令和2年度燃費基準30%向上達成車
令和2年度燃費基準+10%以上達成 リアウィンドウに貼付された緑色のステッカーに次のいずれかの記載があるもの
  • 令和2年度燃費基準20%向上達成車
  • 令和2年度燃費基準10%向上達成車
おおむね50%

軽課の詳しい税率については、以下の月割税額表(軽課)をご覧ください。

障害などによる減免

 身体障害者手帳などをお持ちの場合で一定の条件を満たす場合、自動車税(環境性能割・種別割)が減免される制度があります。
 詳しくはこちら、「自動車税(環境性能割・種別割)の減免制度について」をご覧ください。

このような場合でも、自動車税(種別割)を納めることになります

  • 3月以前に自動車を知人に譲ったが、運輸支局で移転登録(名義変更)をしていない
  • 3月以前に自動車を業者に下取りに出したが、運輸支局で抹消登録(廃車)がされていない
  • 4月1日以降に自動車を移転登録(名義変更)をした
  • 自動車検査証(車検証)の有効期間が過ぎているが、運輸支局で抹消登録(廃車)をしていない

抹消登録(廃車)をすると、納めた自動車税(種別割)の一部が還付されます

 4月1日以降に自動車を抹消登録(廃車)をした場合、登録手続きを行った月の翌月から翌年3月分までの月割り額が減額されます。
 既に納税されている場合は、その額が還付されます。
 ただし、3月中の抹消登録(廃車)の場合は、自動車税(種別割)の還付は発生しません。
 詳しくは「自動車税(種別割)の還付について」をご覧ください。

抹消登録(廃車)については、「自動車の使用をやめた または、解体等または輸出する場合(抹消登録)(国土交通省:外部リンク)」をご覧ください。

相談窓口

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

自動車税事務所
〒371-8507 前橋市上泉町397-5
電話 027-263-4343
FAX 027-261-5931
E-mail kurumazei@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。