ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 企業局 > 水道課 > 工業用水道事業について

本文

工業用水道事業について

更新日:2022年11月9日 印刷ページ表示

群馬県の工業用水道事業の画像

群馬県企業局では、県内の企業や工場へ「工業用水道」を供給しています。
工業用水道は飲み水ではありませんが、工場等で冷却水や洗浄水として大量に使用され、工業生産の過程で欠かすことのできないことから「産業の血液」とも呼ばれています。

 

事業の概要

 群馬県の工業用水道事業の概要を紹介します。

施設の紹介

 群馬県の工業用水道事業に関係する施設を紹介します。

水質測定結果

 群馬県工業用水道条例で基準が設けられている水質と水圧は、以下のとおりとなっています。

  • 水温 28度以下
  • 濁度 15度以下
  • 水素イオン濃度 Ph値5月8日以上8月6日以下
  • 配水管末における水圧 49キロパスカル以上

 なお、工業用水道事業法施行令では、供給する工業用水に対して毎日1回、以下の8項目の測定を義務づけています。

  1. 水温
  2. 濁度
  3. 水素イオン濃度
  4. アルカリ度
  5. 硬度
  6. 蒸発残留物
  7. 塩素イオン濃度
  8. 鉄イオン

 上記の8項目について、工業用水道の配水(浄水場の出口)における水質測定結果を掲載しています。

需要家の方々へ

 工業用水を導入するまでの流れを説明します。

関係団体への外部リンク