ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 感染症・がん疾病対策課 > 新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)について

本文

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)について

更新日:2023年1月30日 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の療養期間が終了し、感染性がなくなったにもかかわらず、療養中にみられた症状が長引いたり、新たに症状が出現したりする場合があります。
新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(後遺症)について、世界保健機関(WHO)の定義では、「新型コロナウイルスに罹患した人にみられ、少なくとも2か月以上持続し、他の疾患による症状として説明がつかないもの」とされています。

罹患後症状(後遺症)に関する動画

県では、新型コロナウイルス罹患後症状(後遺症)について、県民の皆さまへ広く知っていただくため、群馬大学医学部附属病院の協力のもと、後遺症や診療の流れなどを紹介した動画を作成しました。

新型コロナウイルス罹患後症状(後遺症)動画(You Tube)<外部リンク>

新型コロナウイルス罹患後症状(後遺症)画像

代表的な症状

代表的な症状として、以下のものが報告されています。

  • 全身症状:倦怠感、関節痛、筋肉痛
  • 呼吸器症状:咳、喀痰、息切れ、胸痛
  • 精神・神経症状:記憶障害、集中力低下、不眠、頭痛、抑うつ
  • その他の症状:嗅覚障害、味覚障害、動悸、下痢、腹痛

罹患後症状(後遺症)かな?と思ったら

体調不良が続くなど、後遺症と思われる症状があるときは、まずは、かかりつけ医や、新型コロナウイルス感染症の診断・治療を受けた医療機関、または、症状に応じた診療科のある身近な医療機関へご相談ください。
​かかりつけ医や新型コロナウイルス感染症の診断等を受けた医療機関がない場合は、群馬県統合型医療情報システム<外部リンク>で身近な医療機関をお調べいただくか、県受診・相談コールセンター(電話:0570-082-820)にご相談ください。

【長引く症状と診療科の例】
 咳や倦怠感、息切れは内科、脱毛やじんま疹は皮膚科、味覚・嗅覚障害は耳鼻咽喉科など

新型コロナウイルス感染症の後遺症は、除外診断(他の疾患による症状ではないことを診断)となるため、別の病気が原因ではないか確認するための検査等が行われます。
また、後遺症については、現時点では根本的な治療法がないため、症状を和らげたり鎮めたりする治療が基本となります。
なお、受診においては、一般の診療と同様に自己負担が発生します。

罹患後症状(いわゆる後遺症)の診療の流れ画像

罹患後症状(後遺症)に関するQ&A

(一般の方向け)
Q 罹患後症状は治りますか?
​A 罹患後症状については、世界的に調査研究が進められている最中であり、まだ不明な点が多いですが、現時点の調査研究では、罹患後症状の多くは、時間経過とともに症状が改善することが多いとされています。

Q 罹患後症状がある場合、新型コロナウイルス感染症を他の人に移してしまうことがありますか?
​A 感染可能期間は、一般的に、発症2日前から発症後7~10日とされており、罹患後症状があったとしても、基本的に他の人に感染させることはありません。

Q 罹患後症状の治療方法はありますか?
​A 罹患後症状の多くは、時間経過とともに改善することが多いとされていますが、その過程で、症状の緩和や早期回復を目的として、各症状に応じた対症療法が行われることもあります。

Q 罹患後症状について、どこを受診するとよいでしょうか?
​A 罹患後症状は、それぞれの症状について、一般診療の中で十分に対処できるものが少なくありません。まずは、かかりつけ医や身近な医療機関にご相談ください。

Q 新型コロナウイルス感染症に罹患してからずっと倦怠感が続いている気がします。受診が必要ですか?
A 症状が時間経過とともに改善しているならば、様子を見ることも可能です。症状が改善せずに持続する場合は、他の疾患による可能性もありますので、かかりつけ医や身近な医療機関にご相談ください。

(医療機関向け)
Q 罹患後症状で受診した者の医療費は公費負担ですか?
A 一般診療と同様に、自己負担が発生します。

Q 罹患後症状で受診された方にリハビリテーションを提供できますか?
A 医師が有用と判断する場合は、提供することはできます。

Q 罹患後症状と診断した場合、届出の必要はありますか?
A 届出の必要はありません。

罹患後症状(後遺症)に関する実態調査

県では、新型コロナウイルス感染症の療養期間終了後の諸症状(罹患後症状)に対する相談・診療体制の整備や県民への情報発信の強化等を目的として、罹患した県民を対象に実態調査を実施しました。

  • 対象者:令和4年1月1日から8月31日までに新型コロナウイルス感染症と診断された者のうち、HER-SYS上に登録がある者から、年代・性別・入院の有無に偏りなく抽出した約5,000人
  • 調査方法:「ぐんま電子申請受付システム」上のアンケートフォームをSMSにより送信
  • 調査期間:令和4年11月7日~21日
  • 回答者:447人(回答率:約9%)

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)に関する実態調査結果 (PDF:908KB)

罹患後症状(後遺症)に関する資料等(外部リンク)

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)について(厚生労働省)​<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症まとめページへ戻る