本文へ
山本一太
知事のページ
知事についてもっと知る
印刷

知事の動き

令和3年度

6月の主な活動

公安委員感謝状贈呈・辞令交付式

9:45 秘書課第1応接室

山本知事から、6月30日をもって退任となる石田 浩義 公安委員に感謝状を贈呈しました。
また、7月1日付けで新たに公安委員に就任される五十嵐 清隆氏に辞令を交付しました。

写真:記念撮影の様子

第9回感染症危機管理チーム会議

18:00 秘書課会議室

 第9回群馬県感染症危機管理チーム会議を開催しました。
 会議では、変異株への対応や、警戒度の移行の判断、ワクチン接種のさらなる加速化などについて、専門家の皆さまからご意見を伺いました。

写真:会議の様子

群馬県農業協同組合中央会・各連合会通常総会

【10:00 JAビル(前橋市)】

 群馬県農業協同組合中央会・各連合会通常総会が開催されました。

写真:祝辞を述べる山本知事

 山本知事は「長引くコロナ禍で、農業・畜産業の需給が不安定になり、苦戦を強いられています。そこで、新型コロナウイルスをしっかりと抑え、反転攻勢をかけていく必要があります。その意味でも群馬県とJAの連携をますます強めて、群馬県農業発展のために邁進していきたいと思います」と述べました。
 その後、豚熱の現状及び対策についても報告をしました。
 豚熱について、「全国に先駆けて、知事認定獣医師制度を創設するなど対策を講じてきましたが、2回目の豚熱が発生してしまったことについて、知事として大変責任を感じています。二度と豚熱の発生を許してはいけないと考えています。農業・畜産業は群馬県にとって非常に大事ですので、JAの皆さまと力を合わせて豚熱の発生を予防していきたいと思います」と述べました。

表敬訪問(駐日モンゴル国特命全権大使)

【11:00 秘書課第2応接室】
 ダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日モンゴル特命全権大使が、山本知事を表敬訪問し、モンゴルと群馬県の交流や連携について会談しました。山本知事は、「今回の表敬を機に、モンゴルとの交流をさらに深めていきたいと思います。工業だけでなく、農業の面でも協力していきたいと思います」と述べました。

会談後、記念品を贈呈し合うダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日モンゴル特命全権大使と山本知事

県央ワクチン接種センター視察・ワクチン接種

13:30(同所:高崎市)

 県内2カ所目となる新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場(県央ワクチン接種センター)が、17日に運用を開始しました。
 
 センターの開設に先立ち、山本知事は、高崎市長及び、太田市長とセンター内を視察するとともに、自身もワクチン接種を受けました。

写真:センター内を視察する山本知事及び富岡高崎市長
写真:センター内を視察する山本知事
写真:視察終了後取材を受ける山本知事及び清水太田市長

 ワクチン接種後、記者団の取材に応じた山本知事は、 「本日、危機管理上の観点、また、ワクチン接種の安全性をPRするため、私自身もモデルナ製のワクチンを接種させていただきました。今日は、約300人のエッセンシャルワーカーの方々に接種していただきましたが、これから、職域接種やエッセンシャルワーカーへの接種はもちろんのこと、一般の県民の皆さまにも、どんどん打っていただけるような体制を早期に整えていきたいと思います。ぜひこの県央ワクチン接種センターを活用いただき、一人でも多くの方にワクチン接種を受けていただきますよう、お願いいたします」と述べました。

写真:ワクチン接種を受ける山本知事

群馬県議会正副議長就任披露

【11:10 議事堂展示ホール】

井田泉議長と安孫子哲副議長の就任披露が行われました。

写真:井田議長と安孫子副議長を前に、祝辞を述べる山本知事

山本知事は、「井田議長、そして安孫子副議長就任おめでとうございます。今後も、議長及び副議長をはじめとした県議会と力を合わせ、コロナ禍の危機を乗り切っていきたいと思います」と述べました。

全国知事会

9:00 秘書課会議室(Web出席)

 全国知事会に山本知事がWeb出席しました。

写真:新型コロナ対策について発言する山本知事

 山本知事は、新型コロナウイルス感染症対策について、以下の3点を全国知事会として、政府に要請するよう求めました。

 1.地域の実情をよく知る知事が、タイミングよく対策を打てるように、特措法を改正すること
 2.ワクチン接種の推進や経済対策に対する財政支援
 3.市町村に対して、より具体的なワクチンの供給計画を早期に示すこと

第47回新型コロナウイルス感染症対策本部会議

8:00 災害対策本部室

 第47回新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、まん延防止等重点措置解除後の対応について議論が行われました。

写真:会議の様子

 会議の結果は、同日に行われた定例記者会見において発表されました。
 
 定例記者会見の内容はこちらをご覧ください。
 

第2回県営ワクチン接種センター運営体制協議会

18:30 第一特別会議室

 第2回県営ワクチン接種センター運営体制協議会が開催され、県央ワクチン接種センターの開設などについて協議が行われました。

写真:会議の様子

 会議に出席した山本知事は、会議の冒頭、「5月24日に開設した東毛ワクチン接種センターに続き、2カ所目となる県営ワクチン接種センターを、Gメッセ群馬に設置することとしました。医療機関の皆さまには、さらなるご負担をお願いすることになりますが、皆さまのご協力なくして、センターの円滑な運営はできません。体制の整備に向けた前向きなご提案をいただきたいと思います」とあいさつしました。

群馬クレインサンダーズ 知事表敬訪問 B1昇格およびB2優勝報告について

【10:00 秘書課第一応接室】

 B2リーグ2020-2021シーズンの優勝及びB1リーグ昇格を決めた群馬クレインサンダーズから、阿久澤社長と上江田選手が来庁されました。

 山本知事は、B2リーグ優勝及びB1リーグ昇格を祝して「群馬県内で初めて最上位のリーグで戦うプロチームが誕生し、知事として、群馬県民として非常に嬉しいです。新型コロナ感染症との闘いを強いられている中で、勇気とエネルギーを与えていただきました。来シーズンの試合がとても楽しみです」と感謝や激励の言葉を述べました。

阿久澤社長、上江田選手と記念写真を撮る山本知事

第2回群馬県ワクチン接種対策本部会議

11:30 災害対策本部室

 第2回群馬県ワクチン接種対策本部会議が開催されました。

写真:会議の様子

 山本知事は、会議冒頭に「まん延防止等重点措置の適用を受けてから、感染状況は落ち着いてきていますが、新型コロナをめぐる状況は不安定です。したがって、県民に安心を提供するためには、ワクチン接種を加速していくしかありません」と述べました。

 会議の結果は、同日に行われた定例記者会見において発表されました。

 

 定例記者会見の内容はこちらをご覧ください。

 

東京2020オリンピック オーストラリア女子ソフトボール代表 事前キャンプ地視察

10:00 太田市運動公園野球場ほか 

 オーストラリア女子ソフトボール代表が東京2020オリンピック事前キャンプとして群馬県太田市を来訪するにあたり、練習会場等関係施設を山本知事が事前視察しました。

写真:選手が宿泊するホテルを視察する山本知事

 視察を終えた山本知事は、報道陣の取材に対して「このコロナ禍で行われるオリンピックは、東京だけのものではありません。群馬からも、つらい試練に耐え、頑張ってこられた選手が出場予定なので、ぜひ成功させていただきたいと思っております。そのためにも、まず、全国で初となるこのキャンプをしっかり成功させ、問題がないということを内外に示すことが大事となります。群馬県としても、できることがあれば何でも支援していきたいと思います」と述べました。

写真:野球場を視察する山本知事

過去の活動

令和3年度
以前の「知事の動き」