ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活こども部 > 消費生活課 > 消費者教育(教材)

本文

消費者教育(教材)

掲載日:2022年4月14日 印刷ページ表示

 消費者教育とは、消費者の自立を支援するために行われる消費生活に関する教育です。消費者として自立するためには、その時代、社会に応じたさまざまな知識と、適切な行動がとれる実践的な能力を身につけなければなりません。その自立を助けるための働きかけが消費者教育です。
 一人ひとりの消費者が、社会の一員として、自らの消費生活の行動が社会経済や地球環境に影響することを自覚し、環境などに配慮した行動をとることで、持続可能な社会の実現に積極的に参画することの重要性について理解と関心を深めていただくものです。

教材一覧

消費者教育・啓発のための教材一覧です。ぜひご活用ください。

若者向け消費者被害防止啓発動画

若者向け消費者被害防止啓発動画(定期購入)画像

若者向け消費者被害防止ハンドブック

若者向け消費者被害防止ハンドブック画像

高校生向け消費者学習用教材「ぐんま版消費者教育教材(高校生向け)」

ぐんま版消費者教育教材(高校生向け)画像

特別支援学校高等部向け消費者学習用教材「ぐんま版消費者教育教材(特別支援学校高等部向け」)

ぐんま版消費者教育教材(特別支援学校高等部向け)画像

中学校向け消費者学習用教材

中学校向け消費者学習用教材画像

視聴覚教材(DVD)「教えてヤマドリさん!」

教えてヤマドリさんDVD画像

リーフレット「『消費者市民社会』の実現に向けて」

リーフレット「『消費者市民社会」の実現に向けて」

教材の貸出

消費者教育・啓発のための講座や学校の授業等で活用できる「消費者教育教材」の貸出を行っています。消費生活に関する学習や啓発の機会の拡大に向けて、ぜひ利用してください。
 貸出を希望する場合には、消費生活課までお問い合わせください。