ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ぐんま昆虫の森 > ライブラリー > スタッフブログ > 2023年1月7日 昆虫の森の生き物たち

本文

2023年1月7日 昆虫の森の生き物たち

更新日:2023年1月7日 印刷ページ表示

年明けも寒い日が続きますが、晴れて風がなければ虫探しもできます。

クヌギの枯れた葉でムラサキシジミが2匹仲良く冬越していました。
ムラサキシジミ

シラカシの葉では数ミリのスカシカギバの幼虫が見られます。
葉の表面を削るように食べています。
スカシカギバ幼虫

民家の横の桑でクワコのから繭が風に揺れいます。
クワコの空繭

オオミドリシジミの卵は、コナラの小枝を探すと見つけることができます。
オオミドリシジミの卵

寒いのはちょっと苦手と言う人は、館内から冬越しをしている昆虫たちを観察できますよ。
本館2階で昆虫たちの冬越し展を開催中です。
冬越し展​​​


利用案内

開園カレンダー
7月カレンダー

開園時間バナー​​

アクセスのバナー

ぐんま昆虫の森公式Twitter<外部リンク>​​