ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ぐんま昆虫の森 > ライブラリー > スタッフブログ > 2022年12月13日 昆虫の森の生き物たち

本文

2022年12月13日 昆虫の森の生き物たち

更新日:2022年12月13日 印刷ページ表示

園内は、まるで落ち葉のジュウタンが敷き詰められたかのようです。歩くとカサカサと心地良い音が響きます。
落ち葉の絨毯

クスノキの枝先で、ツマジロエダシャクとクスアオシャクの幼虫が見られます。
ツマジロエダシャク1
ツマジロエダシャク

クスアオシャク幼虫
クスアオシャク 

クスアオシャク幼虫顔
クスアオシャク幼虫の顔は可愛い猫ちゃんです。

樹木プレートの裏にカメノコテントウが仲良く越冬していました。
カメノコテントウ

エノキの根本の葉裏では、オオムラサキの4齢幼虫が越冬に入りました。
オオムラサキ4齢

コナラの枝でコミミズクの幼虫を見つけました。
コミミズクの幼虫

アワブキの木の横を通りかかると、黒いゴミのようなものが動いているのが目にとまりました。
よく見てみると1cmにも満たない、木の破片のようなものをまとったエダシャクの幼虫です。
写真に撮って拡大してみるとヨツモンマエジロアオシャクの幼虫でした。このまま幼虫で冬をこすと思われます。
ヨツモンマエジロアオシャク幼虫​​​


利用案内

開園カレンダー
7月カレンダー

開園時間バナー​​

アクセスのバナー

ぐんま昆虫の森公式Twitter<外部リンク>​​