ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ぐんま昆虫の森 > ライブラリー > スタッフブログ > 2021年11月14日 昆虫の森の生き物たち

本文

2021年11月14日 昆虫の森の生き物たち

更新日:2021年11月14日 印刷ページ表示

秋晴れの穏やかな日中、蛹越冬前の幼虫や越冬準備の昆虫など、いろいろな種類の昆虫が見られました。

カラムシの葉で、オオマダラウワバの幼虫が体をくねらせてぶら下がっていました。
オオマダラウワバの幼虫

ムクゲの枝には、オオアカキリバの幼虫を数匹見つけました。
オオアカキリバの幼虫

ユズリハの葉の縁にあった食痕をよく見ると、アカウラカギバの若齢幼虫がいます。この後、冬でも少しずつ成長しながら過ごします。
アカウラカギバの幼虫

カラスウリの網模様の食痕の裏では、トホシテントウの幼虫がいました。成虫越冬をするテントウムシがほとんどですが
トホシテントウは地面におりて幼虫で冬を越します。
トホシテントウの幼虫

畑の低いクヌギの枝で、秋口からツチイナゴを見かけていました。羽化をするのにクヌギの枝を利用しているのだと思っていました。
今もついているのでよく見てみると、クヌギの葉をパリパリと食べていました。意外といろいろなものを食べているのですね!
ツチイナゴ

クビキリギスも成虫越冬します。幼虫のうちにたくさん見られた草原からは離れて、見つけるのが難しくなってきましたが
落ち葉の上をがさがさ歩くと、飛び出してきたりします。
クビキリギス

マテバシイの葉では、ミノオキイロヒラタヒメバチが、張り付けたごとくピタリとくっついて冬越しの態勢になっていました。
ミノオキイロヒラタヒメバチ

翅の透けたちょっとかわったガの一種ミノウスバが、ニシキギの枝先で4匹連なって産卵をしていました。晩秋の風物詩で今年も見ることができました。
ミノウスバ

 

 


利用案内

開園カレンダー
7月カレンダー

開園時間バナー​​

アクセスのバナー

ぐんま昆虫の森公式Twitter<外部リンク>​​