ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ぐんま昆虫の森 > ライブラリー > スタッフブログ > 2021年5月29日 昆虫の森の生き物たち

本文

2021年5月29日 昆虫の森の生き物たち

更新日:2021年5月29日 印刷ページ表示

雑木林の中でナナフシが2齢から3齢へと脱皮をしていました。脱皮殻はきれいに食べてしまいます。
ナナヒシモドキの脱皮 

ナナフシモドキ脱皮殻を食べる

ジョロウグモの卵がふ化し始めました。子グモは2齢までは“まどい”と言って、みんなでかたまって過ごします。
この“まどい”を見つけると息を吹きかけ、蜘蛛の子を散らしたくなります!
まどい 

クモの子を散らす

枯れたアカマツの積木に羽音をたててウバタマムシが飛んできました。幼虫は枯れたマツなどの材を食べて育ちます。
ウバタマムシ

オオホシオナガバチが立ち枯れたエノキを歩き回っていましたが、産卵管を刺すことなく飛んで行ってしまいました。
オオホシオナガバチ

スミレの根本にミドリヒョウモンの終齢幼虫が横たわっていました。
ミドリヒョウモン終齢

薄暗い雑木林の中でサイハイランがひっそりと咲いています。
サイハイラン


利用案内

開園カレンダー
7月カレンダー

開園時間バナー​​

アクセスのバナー

ぐんま昆虫の森公式Twitter<外部リンク>​​