ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ぐんま昆虫の森 > ライブラリー > スタッフブログ > 2021年5月1日 昆虫の森の生き物たち

本文

2021年5月1日 昆虫の森の生き物たち

更新日:2021年5月1日 印刷ページ表示

エゴノキでエゴツルクビオトシブミが巻いた巻物が見られます。運が良ければ巻いている姿を見ることができます。
エゴツルオトシブミ 

エゴツル揺籃

イチモンジチョウ幼虫
ミヤマウグイスカグラの葉の上にイチモンジチョウの幼虫を見つけました。

ウメエダシャク幼虫
民家前のピラカンサの生垣には、ウメエダシャクの幼虫がたくさん見られます。

ミドリシジミ幼虫
冬の間、ミドリシジミの卵を見つけることができませんでしたが、幼虫になった今はハンノキの葉を綴っているので、見つけやすいです。

ミツクリハバチ幼虫
ハンノキの葉にロウ物質をまとったミツクリハバチの幼虫がいました。

モンカゲロウ
水辺の草や葉にはモンカゲロウが見られます。

アオスジアゲハ羽化
冬越し展で見せていたアオスジアゲハの蛹が無事に羽化しました。

シロアリ 

ムシヒキアブ
南ゲートの看板の支柱からシロアリの羽アリが出てきました。それを狙ってムシヒキアブがやってきました。

雑木林ではキンランギンランの共演が目を楽しませてくれます。​キンラン
キンラン 

ギンラン1
ギンラン

ヤマオダマキ1
ヤマオダマキも咲いています。

 


利用案内

開園カレンダー
7月カレンダー

開園時間バナー​​

アクセスのバナー

ぐんま昆虫の森公式Twitter<外部リンク>​​