本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県不妊に悩む方への特定治療支援事業について【受付中】

群馬県では、特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)を行う方を対象に、費用の一部を助成する「不妊に悩む方への特定治療支援事業(特定不妊治療費助成事業)」を実施しています。

注目情報

※注 助成制度の申請(各保健福祉事務所での受付)を、令和3年3月1日から再開しています。
 令和3年1月1日以降に終了した治療の助成制度に関するお知らせを更新しました(申請書新様式等を掲載しました)。
※注 新型コロナウイルス感染防止の年齢要件緩和による、令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦にあっては、所得制限撤廃、事実婚については対象となりません。(ただし、旧制度での所得要件を満たす場合は申請できます。申請書に所得証明書を添付してください。)

※注 前橋市、高崎市在住の方は、お住まいの市の助成制度案内をご確認ください。
※注 現在、伊勢崎保健福祉事務所では新型コロナウイルス感染防止の観点から、申請書を一旦お預かりしています。申請方法については『申請受付窓口』をご確認ください。

1.令和3年1月1日以降に終了した治療の助成制度の拡充について(令和3年3月25日情報更新)

特定不妊治療費助成事業の拡充について、厚生労働省のホームページに掲載されましたのでお知らせします。
厚生労働省ホームページ「不妊に悩む夫婦への支援について」(外部リンク)

拡充内容

 所得制限:撤廃 注1
 助成額:30万円/回 (治療ステージC、Fは10万円/回)
 事実婚も対象になります 注1
 助成回数:1子ごと6回まで(40歳以上43歳未満は3回)
 助成制度利用後に自然妊娠や自費による不妊治療により出産した場合も回数リセットの対象です

 注1:新型コロナウイルス感染防止の年齢要件緩和による、令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦にあっては、所得制限撤廃(旧制度での所得要件を満たす方は申請できます。所得証明書をご提出ください。)、事実婚については対象となりません。

受付開始日

令和3年3月1日予定
 (医療機関が発行する『受診等証明書』につきましては、受付開始日より前に発行していただいて結構です)

申請期限

 令和3年1~3月に終了した治療は、申請受付を中断していたため、申請期限を2か月延長します。

令和3年1月1日以降に治療が終了した方の申請に必要な書類等

 令和3年1月1日以降に治療が終了した方の特定治療支援基金事業のご案内 表面(PDF:1.309MB) 裏面(PDF:148KB)

  1. 群馬県不妊に悩む方への特定治療支援基金助成事業申請書 様式第2号(PDF:221KB)
  2. 群馬県不妊に悩む方への特定治療支援基金助成事業受診等証明書 様式第3-1号(PDF:76KB)
     (男性不妊治療用:様式第3-2号(PDF:55KB)
  3. 特定不妊治療(男性不妊治療)に係る領収書の原本
  4. 戸籍謄本
     1)群馬県への申請を初めてする場合
     2)助成制度利用後に出産した場合(子の出生を確認します)
     3)ご夫婦の住所(住民登録地)が同一でない場合(単身赴任等)
     4)事実婚の場合
    ※発行から3か月以内のもの。なお、3)、4)は、前回申請時から内容に変更がない場合は添付省略可。
  5. 世帯全員の住民票(前住所、続柄及び筆頭者等が記載されており、マイナンバーが記載されていないもの)
    ※法律婚で、ご夫婦の住所が同一でない場合は、それぞれの住民票が必要です。
    ※発行から3か月以内のもの。なお、前回申請時に提出した住民票から3か月以内かつ内容に変更がない場合は添付省略可。
  6. 事実婚に関する申立書 様式第7号(PDF:44KB)
    ※同一世帯でない事実婚の場合は、こちらもご提出してください。
  7. 死産届等いずれかの写し(助成制度利用後に妊娠12週以降の死産をした場合で、助成回数をリセットする場合)
    ※死産届、母子健康手帳「出産の状態」ページ、死産証書、死体検案書等。
  8. 振込先口座の通帳又は通帳の表紙裏ページ(金融機関名、支店名、口座番号、カナ氏名表記)の写しをご持参ください。インターネットバンキングの場合は、振込先の口座が分かる画面を確認させていただきます。

2.新型コロナウイルス感染症の影響に伴い令和2年度における年齢要件、所得要件を変更します

年齢要件

 対象者
  • 2020年3月31日時点で既に43歳 →対象外
  • 2020年4月1日以降に43歳になる →対象(拡充制度の所得制限撤廃、事実婚については対象外)

 令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦であって、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期した場合は、妻の年齢が44歳に到達する日の前日までの間に限り対象になります。ただし、拡充制度の所得制限撤廃、事実婚については対象とはなりません。

 通算回数
  • 2020年3月31日時点で既に40歳 →通算回数3回
  • 2020年4月1日以降に40歳になる →通算回数6回

 令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦であって、令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期した場合は、初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が41歳未満であるときは、通算助成回数を6回とします。

所得要件

※令和3年1月1日以降に終了した治療から、所得制限が撤廃されました。ただし、新型コロナウイルス感染防止の年齢要件緩和による、令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦にあっては、所得制限撤廃の対象となりません。

令和2年度版 ご案内(令和2年12月31日までに終了した治療)

 令和2年度不妊に悩む方への特定治療支援事業チラシ(PDF:543KB)

対象となる治療(特定不妊治療)など

 1回の治療(1回の助成の対象とする範囲)は、採卵準備のための投薬開始から、受精(体外受精または顕微授精)、胚移植に至るまでの、医療保険適用外の部分です。
 以前に行った体外受精または顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植も含みます。

 医師の判断により、やむを得ず治療を中断した場合でも、対象となる場合があります。

 詳細については、こちらをご覧ください。

 治療ステージと助成対象範囲(PDF:88KB)

 男性不妊治療については、特定不妊治療のうち、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(下記を想定)を行った場合助成対象となります。

  • 精巣内精子回収法(TESE(C-TESE、M-TESE))
  • 精巣上体精子吸引法(MESA)
  • 精巣内精子吸引法(TESA)
  • 経皮的精巣上体精子吸引法(PESA)

助成の対象者・条件

 以下のすべての要件に該当する方を助成の対象とします。

  • 群馬県内(前橋市及び高崎市を除く)に夫婦の双方またはいずれか一方が居住している
  • 所在する都道府県・指定都市・中核市が指定する医療機関で特定不妊治療を受けた方
     →群馬県の指定医療機関
  • 特定不妊治療を受けた夫婦で、特定不妊治療以外の治療によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された夫婦
  • 令和2年12月31日までに終了した治療を申請する場合
    夫婦の前年所得(1月から5月までに申請する場合は、前々年の所得)の合計額が730万円未満→所得額の計算方法

助成額

  • 1回の治療につき、治療区分A、B、D、Eの場合は上限30万円まで(令和2年12月31日治療終了分までは2回目以降上限15万円まで)
  • 1回の治療につき、治療区分C、Fの場合は上限10万円まで(令和2年12月31日治療終了分までは上限7万5千円まで)
  • 男性不妊治療費(精子を精巣又は精巣上体から採取するために手術を行った場合)への助成は、1回の治療につき30万円まで(令和2年12月31日治療終了分までは2回目以降上限15万円まで)

 ※治療区分Cは対象外
 ※(主治医の判断により)採卵準備前に男性不妊治療を行ったが、精子が得られない、又は状態のよい精子が得られず治療を終了した場合に限り、男性不妊治療単独での申請も可

助成回数及び期間

 初めて助成を受けた際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満の方は43歳になるまでに通算6回まで、40歳以上43歳未満の方は43歳になるまでに通算3回まで
 *過去に他の都道府県・政令指定都市・中核市から、既に助成を受けている方は、その助成年数及び回数を含みます。
 *治療開始時の妻の年齢が43歳未満の治療のみ助成の対象となります。

<<新型コロナウイルス感染防止による年齢要件>>

  • 令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳であって、令和2年度に新型コロナウイルス感染防止の観点から治療を延期した場合は、妻の年齢が44歳に到達する日の前日までの間に限り対象者とする。ただし、所得制限撤廃、事実婚については対象とはなりません。
  • 令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳であって、令和2年度に新型コロナウイルス感染防止の観点から治療を延期した場合は、初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が41歳未満であるときは、通算助成回数を6回とする。

申請の手続き

 申請は、県内の各保健福祉事務所で受け付けています。お住まいの住所地を担当する保健福祉事務所で申請を行ってください。

 →申請受付窓口(各保健福祉事務所)
 【来所申請】富岡、太田保健福祉事務所
 【郵送申請も可】安中、渋川、藤岡、吾妻、利根沼田、桐生、館林保健福祉事務所
 【原則郵送申請】伊勢崎保健福祉事務所

前橋市及び高崎市にお住まいの方は、申請書類等が異なりますので、お住まいの各市窓口へお問い合わせの上、申請してください。

申請期限

 申請締切は原則として治療終了月の3か月後の月の末日となります。
 例えば4月中に治療が終了した場合は、7月末が申請締切となります。年度初めに終了した治療について申請予定の場合は特にご注意ください。
 ただし、令和4年3月中に治療を終了される予定の方は、年度区分の都合により、3月中に申請をしてください。
 
 やむを得ない事情で期限までに申請ができない場合は、必ず申請期限前にお住まいの地域の保健福祉事務所(申請窓口)にご相談ください。

 *医療機関の受診等証明書等の発行に時間を要することがありますので、お早めの準備、申請をお願いします。

申請に必要な書類等

1 群馬県不妊に悩む方への特定治療支援事業申請書

 群馬県不妊に悩む方への特定治療支援基金助成事業申請書 様式第2号(PDF:221KB)

2 群馬県不妊に悩む方への特定不妊治療費助成事業受診等証明書(指定医療機関が発行)

 特定不妊治療を行ったこと及び治療費用を証明するものです。男性不妊治療分についても申請する場合は、そちらもあわせて証明が必要です。

3 特定不妊治療(男性不妊治療)に係る領収書の原本(指定医療機関が発行)

  • 受診等証明書の領収金額(保険外診療分)を確認するものです。
  • 受診等証明書に貼らずに持参してください。
  • 治療内容について確認するため、領収書に対応する診療明細書又は請求書もご用意ください。
  • 男子不妊治療分については、主治医の治療方針に基づき、指定医療機関以外の医療機関で治療を実施し発行された領収書でも可能です。

4 戸籍謄本

 以下の場合はご提出ください

 1)群馬県への申請を初めてする場合
 2)助成制度利用後に出産した場合(子の出生を確認します)
 3)ご夫婦の住所(住民登録地)が同一でない場合(単身赴任等)
 4)事実婚の場合
 ※発行から3か月以内のもの。なお、3)、4)は、前回申請時に提出した戸籍謄本が3か月以内かつ内容に変更がない場合は添付省略可。

5 世帯全員の住民票(前住所、続柄及び筆頭者名等が記載されていて、マイナンバーが記載されていないもの)

群馬県内に居住していることを証明するものです。

 ※法律婚で、夫婦の一方が県内に住所を有していない場合、又は夫婦とも県内に居住しているが住所が異なる場合は、夫婦それぞれの「住民票」が必要です。
 ※発行から3か月以内のもの。なお、前回申請時に提出した住民票から3か月以内かつ内容に変更がない場合は添付省略可。
 ※ご夫婦のいずれかが外国籍を有する場合も、平成24年7月9日からは住民票が発行されます。

6 事実婚に関する申立書

 ※同一世帯でない事実婚の場合は、こちらもご提出してください。
 事実婚に関する申立書 様式第7号(PDF:44KB)

7 振込口座が確認できるもの

  • 助成金の交付は口座振込になります。確認のため振込先の通帳又は通帳の写し(店番号、口座番号、カナ氏名表記されているもの)をご持参ください。

  • ※インターネットバンキングの場合は、振込先の口座が分かる画面を確認します。

  • 振込先は、申請者(夫婦どちらか)の口座に限ります。

★上記4、5は、お住まいの市役所または町村役場で発行しています。

県内指定医療機関

 県内指定医療機関の追加又は指定治療内容に変更があった場合は、随時更新いたします。

 (令和3年5月5日現在)

県内指定医療機関一覧
指定医療機関 所在地 電話番号 指定する治療内容
群馬大学医学部附属病院 前橋市昭和町3-39-15 027-220-7111 体外受精 顕微授精
横田マタニティーホスピタル 前橋市下小出町1-5-22 027-219-4103 体外受精 顕微授精
いまいウイメンズクリニック 前橋市東片貝町875 027-221-1000 体外受精 顕微授精
群馬中央病院 前橋市紅雲町1-7-13 027-221-8165 体外受精 顕微授精
ヒルズレディースクリニック 前橋市総社町総社3607番地 027-253-4152 体外受精 顕微授精
上条女性クリニック 高崎市栗崎町534-1 027-345-1221 体外受精 顕微授精
セキールレディースクリニック 高崎市栄町17-23 027-330-2200 体外受精 顕微授精
高崎アートクリニック 高崎市あら町136-1 027-310-7701 体外受精 顕微授精
ときざわレディスクリニック(PDF:494KB) 太田市小舞木町256 0276-60-2580 体外受精 顕微授精

※指定医療機関の実績について、順次公表予定です。
※県外医療機関については、所在地の都道府県・指定都市・中核市で本事業の指定医療機関となっているときに助成対象となります。
 詳しくは厚生労働省ホームページから確認できます。
 ■「不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧」(厚生労働省:外部リンク)
 なお、男性不妊治療については、指定医療機関の主治医の治療方針に基づき、指定医療機関以外の医療機関で男性不妊治療を行った場合も対象とします。
 

申請受付窓口

申請受付窓口一覧
保健福祉事務所 住所・電話番号 担当市町村 お知らせ
安中保健福祉事務所 安中市高別当336-8
(電話)027-381-0345
安中市 郵送申請も可 〒379-0132安中市高別当336-8
下記『※郵送申請について』をご確認ください。
渋川保健福祉事務所 渋川市金井394
(電話)0279-22-4166
渋川市、榛東村
吉岡町
郵送申請も可 〒377-0027渋川市金井394
下記『※郵送申請について』をご確認ください。
藤岡保健福祉事務所 藤岡市下戸塚2-5
(電話)0274-22-1420
藤岡市、上野村
神流町
郵送申請も可 〒375-0012藤岡市下戸塚2-5
下記『※郵送申請について』をご確認ください。
富岡保健福祉事務所 富岡市田島343-1
(電話)0274-62-1541
富岡市、
下仁田町、
南牧村、甘楽町
 
吾妻保健福祉事務所 中之条町西中之条183-1
(電話)0279-75-3303
中之条町、東吾妻町、長野原町、
嬬恋村、草津町、高山村
郵送申請も可 〒377-0425中之条町西中之条183-1
下記『※郵送申請について』をご確認ください。
利根沼田保健福祉事務所 沼田市薄根町4412
(電話)0278-23-2185
沼田市、片品村、
川場村、昭和村、みなかみ町
郵送申請も可 〒378-0031沼田市薄根町4412
下記『※郵送申請について』をご確認ください。
伊勢崎保健福祉事務所 伊勢崎市下植木町499
(電話)0270-25-5066
伊勢崎市
玉村町

〒372-0024伊勢崎市下植木町499
コロナ対策のため、郵送申請にご理解、ご協力をお願いいたします。下記『※郵送申請について』をご確認ください。
なお、来所申請の場合も、申請書類は一旦お預かりします。領収書の原本は、書類確認後に郵送いたしますので、誠に恐縮ですが、申請時に返信用のレターパック(宛先記入)をご提出ください。

申請に関するお問い合わせは、群馬県生活こども部児童福祉・青少年課母子保健係までお願いします。電話 027-226-2606

桐生保健福祉事務所 桐生市相生町2-351
(電話)0277-53-4131
桐生市
みどり市
郵送申請も可 〒376-0011桐生市相生町2-351
下記『※郵送申請について』をご確認ください。
太田保健福祉事務所 太田市西本町41-34
(電話)0276-31-8243
太田市  
館林保健福祉事務所 館林市大街道1-2-25
(電話)0276-72-3230
館林市、板倉町、明和町、
千代田町、大泉町、邑楽町
郵送申請も可 〒374-0066館林市大街道1-2-25
下記『※郵送申請について』をご確認ください。

※郵送申請について

【申請時】

  • 配達記録が残るレターパック、簡易書留などの利用をお勧めします。
     ※普通郵便等、配達記録の残らない郵便物の不着事故などに関しては責任を負いかねます。

【領収書原本の返却】

  • 申請時に返信用のレターパック(宛先記入)を必ず同封してください。
     ※レターパック等以外で、配達記録の残らない郵便物の不着事故などに関しては責任を負いかねます。

【その他】

  • 申請書には、昼間連絡が取れる電話番号を必ずご記入ください。
  • 書類の不備があった場合は、決定が遅くなることがあります。

前橋市在住の方の申請先

 前橋市子育て支援課(保健センター2階)前橋市朝日町3-36-17 電話:027-220-5703

 ※前橋市在住の方はこちらへ「不妊に悩む方への特定治療支援事業」(前橋市:外部リンク)

高崎市在住の方の申請先

 高崎市保健所健康課(高崎市総合保健センター4階)又は各地域の保健センター
 高崎市高松町5-28 電話:027-381-6113

 ※高崎市在住の方はこちらへ「不妊に悩む方への特定治療支援事業」(高崎市:外部リンク)

【ご注意】

  • 前橋市及び高崎市在住の方は、お住まいの市窓口へ申請してください。申請書類については、事前にお住まいの市へご確認ください。
  • タイミング法や人工授精などの一般不妊治療については、県の助成対象になりません。
  • 下記の市町村では、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」とは別に、独自で不妊治療費に関する助成をしています。助成対象となる治療、助成金額、回数等は、それぞれの自治体により異なりますので、直接お住まいの市町村にお問い合わせください。

【助成事業実施市町村一覧(令和3年4月1日現在)】

助成事業実施市町村一覧
市町村名 助成事業名 連絡先(担当課) 電話番号 関連ホームページ (外部リンク)
前橋市 前橋市一般不妊治療費助成事業 福祉部子育て支援課母子健康係 027-220-5704 前橋市
高崎市 高崎市一般不妊治療助成事業 保健医療部健康課母子保健担当 027-381-6113 高崎市
桐生市 桐生市不妊治療費助成事業 子どもすこやか部子育て相談課母子保健係 0277-43-2000 桐生市
伊勢崎市 伊勢崎市不妊治療費助成事業 健康推進部健康づくり課健康管理センター 0270‐23‐6675 伊勢崎市
太田市 太田市不妊治療費助成事業 健康医療部健康づくり課母子保健係 太田市保健センター:0276-46-5115
尾島保健センター:0276-52-5200
新田保健センター:0276-57-2651
藪塚本町保健センター:0277-20-4400
太田市
沼田市 沼田市不妊治療費助成事業 健康福祉部健康課保健係 0278-23-2111内線3164 沼田市
館林市 館林市不妊治療費等助成事業 保健福祉部健康推進課母子保健係 0276-74-5155 館林市
渋川市 渋川市不妊治療費助成事業 スポーツ健康部健康増進課 0279-25-1321 渋川市
藤岡市 藤岡市不妊治療費補助事業 健康福祉部子ども課母子保健係 0274-40-2268 藤岡市
富岡市 富岡市不妊治療費助成事業 健康福祉部健康推進課保健推進係、健康推進係 0274-64-1901 富岡市
安中市 安中市不妊治療費助成事業 保健福祉部健康づくり課保健指導係 027-382-1111 安中市
みどり市 みどり市不妊治療費助成事業 保健福祉部健康管理課 0277-72-2211 みどり市
榛東村 榛東村特定不妊治療費助成事業 健康保険課保健予防係(保健相談センター) 0279-70-8052 榛東村
吉岡町 吉岡町特定不妊治療費助成事業 健康子育て課健康づくり室(保健センター) 0279-54-7744 吉岡町
上野村 上野村不妊治療費助成事業 保健福祉課 0274-59-2309 上野村
神流町 神流町不妊治療費助成事業 保健福祉課保健係 0274-58-2111  
下仁田町 下仁田町不妊治療費助成事業 保健課保健予防係(保健センター) 0274-82-5490 下仁田町
南牧村 南牧村不妊治療医療費助成 保健福祉課保健係 0274-87-2011  
甘楽町 甘楽町不妊治療費助成事業 健康課保健係 0274-67-7655 甘楽町
中之条町 中之条町不妊治療費助成事業 保健環境課健康係(保健センター) 0279-75-8833 中之条町
長野原町 長野原町特定不妊治療費助成事業 町民生活課保健衛生係 0279-82-2246  
嬬恋村 嬬恋村不妊に悩む方への特定治療支援事業 住民福祉課保健室 0279-96-1975 嬬恋村
草津町 草津町特定不妊治療費助成事業 愛町部健康推進課 0279-88-5797 草津町
高山村 高山村特定不妊治療費助成事業 保健福祉センター 0279-63-1311 高山村
東吾妻町 東吾妻町不妊治療費助成事業 保健センター 0279-68-5021 東吾妻町
片品村 片品村不妊治療費助成事業 保健福祉課子育て世代包括支援センター 0278-58-2142 片品村
川場村 川場村不妊治療費助成 健康福祉課健康係 0278-52-2111 川場村
昭和村 昭和村不妊治療費助成事業 保健福祉課健康係 0278-24-5111 昭和村
みなかみ町 みなかみ町不妊治療費助成事業 子育て健康課健康推進グループ 0278-62-2527 みなかみ町
玉村町 玉村町こうのとり助成事業 健康福祉課保健センター 0270-64-7706 玉村町
板倉町 板倉町不妊及び不育治療費助成事業 健康介護課健康推進係(保健センター) 0276-82-3757 板倉町
明和町 明和町不妊治療助成事業(特定・一般) 健康づくり課健康づくり係 0276-84-3111
(内線172)
明和町
千代田町 千代田町不妊治療費助成事業 健康子ども課健康推進係 0276-86-5411 千代田町
大泉町 大泉町不妊治療費助成事業 健康福祉部健康づくり課健康づくり係 0276-55-2121 大泉町
邑楽町 邑楽町特定不妊治療助成事業 健康福祉課保健センター健康推進係 0276-88-5533 邑楽町

 群馬県不妊に悩む方への特定治療支援事業実施要綱(PDF:641KB)

不妊・不育症に関する専門的な相談

 群馬県不妊・不育専門相談センター(外部リンク)令和2年4月3日から群馬大学医学部附属病院に移動しました
 県では、不妊や不育症についての相談をお受けする不妊専門相談センターを開設しています。
 不妊症や不育症に関する疑問や、不妊にまつわる様々な悩みに専門的な知識を有する医師がお答えします。治療を受けようか悩んでおられる方も、現在治療を受けられている方も、一人で悩まず一度お電話ください。
 様々な相談を、一緒に考え、あなた自身が選択していくためのお手伝いをしていきます。

  • 相談日 原則 毎月第2金曜日・第4水曜日(祝日・年末年始を除く) ※相談は予約制です
  • 時間 14時~16時
  • 面接相談時間 30分/回 ※群大病院駐車場使用時は駐車料金がかかります。
  • 相談場所 群馬大学医学部附属病院(前橋市昭和町3-39-15)
  • 申し込み 専用電話 027-220-8425
  • 申し込み受付時間 毎週月~金曜日 9時~16時(祝日・年末年始を除く)
補助金等の情報ページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

生活こども部児童福祉・青少年課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2606
FAX 027-223-6526
E-mail jidosei@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。