本文へ
表示モードの切替
印刷

「はばたけ群馬・県土整備プラン」フォローアップ委員会

フォローアップ委員会の目的

 本県の社会資本整備の指針である「はばたけ群馬・県土整備プラン」を着実に実行するため、学識経験者や市町村職員等で構成する標記委員会を設置し、点検します。
 客観的評価の観点からプランを検証し、“1年ごとの点検”と“おおむね5年ごとの検証(更新)”を行います。

 はばたけ群馬・県土整備プラン2018-2027

構成員

  • 学識 4名
  • 経済界 4名
  • 市町村 2名
「はばたけ群馬・県土整備プラン」フォローアップ委員会名簿
名前 役職 備考
市川 薫 群馬女将の会 副会長  
大河原 眞美 高崎経済大学地域政策学部 教授  
大矢 一 一般社団法人群馬県商工会議所連合会 専務理事  
佐藤 由美 群馬大学大学院保健学研究科 教授  
茂原 荘一 群馬県町村会代表(甘楽町長)  
清水 聖義 群馬県町村会長(太田市長)  
高橋 徹 株式会社上毛新聞社 編集局長  
永村 景子 日本大学生産工学部 専任講師  
藤井 啓太郎 群馬県農業協同組合中央会 専務理事  
湯沢 昭 前橋工科大学 名誉教授 委員長

(敬称略、50音順)

点検・見直し手順

(1)1年ごとの点検

 県土整備プランに掲げた指標の進捗状況について、取り組みが着実に実行されているか委員会へ報告するとともに意見聴取する。

(2)おおむね5年ごとの検証(更新)

 社会情勢の変化や県民ニーズの多様化等に対応するため、概ね5年間ごとに、その方向性が適切であったかどうかを「検証」し、必要に応じて「更新」する。

「はばたけ群馬・県土整備プラン2018-2027」指標一覧表

元気の指標
指標番号 指標
1 「7つ交通軸」の整備率
2 主要渋滞箇所の対策率
3 インターチェンジから15分県域の県人口
安全の指標
指標番号 指標
4 河川整備計画に基づく河川整備延長
5 土砂災害対策推進計画に基づく要対策箇所の整備率
6 水害による被害が軽減される家屋数
7 土砂災害による被害が軽減される要配慮者利用施設数
8 緊急輸送道路の落石等危険箇所対策率
9 緊急輸送道路の電線共同溝による無電柱化整備延長
10 土地区画整理完了率
11 被災建築物応急危険度判定士数
12 住宅の耐震化率
13 多数の者が利用する建築物の耐震化率
14 通学路の歩道整備率
15 自転車通行空間指定路線の整備率
16 事故危険区間の対策率
17 交通事故死者数
18 1日当たり乗降客数3,000人以上の鉄道駅のバリアフリー化率
19 乗合バスのノンステップバス導入率
20 1日当たり乗降客数3,000人以上の鉄道駅周辺の歩道の段差解消率
21 横断歩道橋補修の進捗率
22 トンネル付属施設補修の進捗率
23 舗装補修の進捗率
24 道路照明のLED化の進捗率
25 道路橋補修の進捗率
26 河川構造物補修の進捗率
27 都市公園(遊具・建築物)補修の進捗率
28 下水道施設補修の進捗率
29 県営住宅改修の進捗率
30 砂防関係施設補修の進捗率
魅力の指標
指標番号 指標
31 市街化区域内人口密度
32 立地適正化計画策定市町村数
33 県の支援によって移動手段の改善が行われたモデル地区数
再掲 自転車通行空間指定路線の整備率
34 公共交通(鉄道・乗合バス)の利用者数
35 地域公共交通網形成計画策定市町村数
36 ぐんま景観形成モデル事業数
再掲 土地区画整理完了率
37 空家等対策計画策定市町村数
38 地域振興施設の完成件数
環境の指標
指標番号 指標
39 汚水処理人口普及率
再掲 自転車通行区間指定路線の整備率
再掲 道路照明のLED化の進捗率
再掲 主要渋滞箇所の対策率
再掲 公共交通(鉄道・乗合バス)の利用者数
40 建設発生土有効利用率

フォローアップ委員会の結果

平成30年度(第1回) 令和元年度

「県土整備部の取り組み」へ戻る

このページについてのお問い合わせ

県土整備部建設企画課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3535
FAX 027-224-1426
E-mail kensetsukika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。