本文へ
表示モードの切替
印刷

マイ・タイムライン(個人の避難行動計画)

 『マイ・タイムライン』は、台風等の接近などにより、洪水発生のおそれがある場合に家族構成や生活環境に合わせ、いつ、何をするのかをあらかじめ時系列で整理した住民一人ひとりの「オーダーメイド」の避難行動計画です。
 平時から『マイ・タイムライン』をつくっておくことで、いざという時に落ち着いて行動することができ、自分や家族の命を守ることにつながります。
 まだ『マイ・タイムライン』をお持ちでない皆さん、ぜひつくってみてください!

マイ・タイムラインの画像

マイ・タイムラインのつくり方

(1)ハザードマップを確認する

 『ハザードマップ』は、洪水が発生した場合の浸水想定区域・浸水深・家屋倒壊等氾濫想定区域・行政が指定している避難所等を地図上に示したものです。市町村が作成して全戸配布および市町村ホームページに掲載しています。次の『ハザードマップ』を見て、自宅の水害リスクを確認しましょう。
 『ハザードマップ』

(2)浸水想定区域図(浸水継続時間)を確認する

 『浸水想定区域図』は、ハザードマップを作成する基になるもので、浸水想定区域・浸水深・家屋倒壊等氾濫想定区域のほかに『浸水継続時間』を地図上に示したものです。河川毎に河川管理者(国・県)が作成してホームページに掲載しています。次の『浸水想定区域図』を見て、自宅の『浸水継続時間』を確認しましょう。
 『浸水想定区域図(県管理河川)』
 『浸水想定区域図(国管理河川)』(国土交通省:外部リンク)

 ハザードマップや浸水想定区域図(浸水継続時間)と合わせて、次の『避難行動判定フロー(P1・2)』を確認しましょう。
 『避難行動判定フロー(P1・2)』(内閣府:外部リンク)

(3)防災情報を確認する

 防災情報は、市町村から出される『避難情報(警戒レベル)』と国土交通省・気象庁・県から出される『河川水位や雨の情報(警戒レベル相当情報)』があります。どちらも住民がとるべき行動が直感的に理解できるように5段階の警戒レベルに紐づいています。次の『避難情報のポイント(P3・4)』を確認しましょう。
 『避難情報のポイント(P3・4)』(内閣府:外部リンク)

 市町村から出される「避難情報(警戒レベル)」は、緊急速報メール・ラジオ・テレビ・市町村ホームページ・『群馬県防災ポータルサイト』等から確認できます。
 『群馬県防災ポータルサイト』(外部リンク)

 国土交通省・気象庁・県から出される「河川水位や雨の情報(警戒レベル相当情報)」は、『気象庁ホームページ』や『群馬県水位雨量情報システム』、『川の水位情報』等から確認できます。
 『気象庁ホームページ』(外部リンク)
 『群馬県水位雨量情報システム等』

(4)マイ・タイムラインを作成する

  1. マイ・タイムラインチェックシート
    ハザードマップや浸水想定区域図を確認して自宅の水害リスク・家庭の状況・避難先のチェックをしましょう。
  2. マイ・タイムライン避難行動シート
    台風が発生してから川の氾濫までに必要な基本的な7つの行動の順番や基本的な行動に入らない自分に必要な行動を考えて記入しましょう。
  3. マイ・タイムライン作成シート
    基本的な行動と自分に必要な行動をどのタイミングで行うか考えて記入しましょう。

マイ・タイムライン作成動画

 『マイ・タイムライン』のつくり方をまとめた動画を見ながら実際につくってみましょう!
 「マイ・タイムライン作成動画」(Youtube:外部リンク)

マイ・タイムライン作成動画(分割版1)の画像
chapter1 オープニング
マイ・タイムライン作成動画(分割版2)の画像
chapter2 マイ・タイムラインの役割
マイ・タイムライン作成動画(分割版3)の画像
chapter3 降雨時の情報と行動
マイ・タイムライン作成動画(分割版4)の画像
chapter4 マイ・タイムライン作成準備
マイ・タイムライン作成動画(分割版5)の画像
chapter5 マイ・タイムライン作成
マイ・タイムライン作成動画(分割版6)の画像
chapter6 エンディング

マイ・タイムラインの見直し

 自分だけの『マイ・タイムライン』はできましたか?
 目につく場所に貼って、いざという時に慌てずに行動できるようにしましょう。
 また、1度つくって終わりではなく、『マイ・タイムライン』を使った避難訓練を行い、家族や近所の方とお互いの行動を話し合いながら見直してみましょう。

マイ・タイムライン見直しの画像

マイ・タイムライン関連サイト

 国土交通省(関東地方整備局)では、Web上で簡単にマイ・タイムラインをつくることができます。
 『Webでマイ・タイムライン』(国土交通省:外部リンク)
 国土交通省(下館河川事務所)では、マイ・タイムライン動画を紹介しています。
 『みんなでタイムラインプロジェクト』(国土交通省:外部リンク)

河川へもどる

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部河川課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3619
FAX 027-224-1368
E-mail kasenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。