本文へ
表示モードの切替
印刷

基準器の検査

基準器とは

基準器は、計量の基準となるもので、計量器の検定や検査で使用されるほか、計量器が正確であることをチェックするために、計量器の製造事業所や修理事業所などで使用されています。

合格した基準器には、基準器検査証印を付けるとともに、基準器検査成績書が発行されます。

なお、基準器検査証印には有効期間が定められています。(例:鋳鉄製の基準分銅…1年)

基準分銅検査中の写真
基準器検査証印画像

< 参考:基準器検査手数料表 >

基準器検査を受検できる者

基準器は計量法上の検定や検査に使用するためのものなので、検査を受検できる者が限定されています。

  • 自治体等
    • 都道府県知事
    • 特定市町村長
    • 指定定期検査機関
  • 届出製造事業者
  • 届出修理事業者
  • 指定製造事業者
  • 計量士(特定計量器の定期検査に代わる計量士による検査、計量証明検査に代わる計量士による検査、適正計量管理事業所における検査に限る。)

計量トレーサビリティの根拠とするには、日本校正サービス制度(JCSS)による登録をうけた事業者へ校正を依頼し、JCSSマーク付きの校正証明書を発行してもらってください。

<「トレーサビリティ」とは>
不確かさがすべて表記された切れ目のない比較の連鎖によって、決められた基準に結びつけられ得る測定結果又は標準の値の性質。基準は通常、国家標準または、国際標準。(JISZ8103:2000計測用語より引用)

このページについてのお問い合わせ

計量検定所
〒379-2152 前橋市下大島町81-13
電話 027-263-2436
FAX 027-263-3142
E-mail keiryou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。