本文へ
表示モードの切替
印刷

【9月30日】県内の農業農村の動き(10月)(農政課)

農産物の生産動向地域のイベント・研修会・品評会県域イベントカネコ種苗ぐんまフラワーパーク日本絹の里県馬事公苑

農産物の生産動向

農産物の生産動向一覧
項目 日時 場所 内容 主催、問い合わせ先
抑制キュウリの出荷盛ん 10月から 前橋市  キュウリはJA前橋市の野菜の中で、出荷額がトップの品目です。
 7月下旬から8月下旬に定植された抑制作型は出荷最盛期を迎え、連日高品質なキュウリが出荷されています。
中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
抑制キュウリの出荷盛ん 10月から 伊勢崎市、玉村町  JA佐波伊勢崎管内は抑制キュウリの生産が盛んです。8月中旬にハウスへ定植されたキュウリは9月から出荷が本格化し、10月に出荷最盛期を迎えています。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
ホウレンソウの作付け盛ん 10月から 伊勢崎市  佐波伊勢崎地域は、県内でも有数のホウレンソウ産地です。10月下旬から翌春まで収穫が続きます。また、食味にこだわった「ちぢみホウレンソウ」は期間限定で出荷されます。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
パンジー・ビオラの出荷始まる 10月上旬から12月 前橋市
伊勢崎市
 中部農業事務所管内では、前橋・伊勢崎地区を中心に、29戸で約120万ポットのパンジー・ビオラが生産されています。出荷は10月上旬から始まり12月頃まで続きます。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
観光りんご園盛況 10月中旬から11月下旬 渋川市
前橋市
 紅葉が見頃となり、秋の行楽シーズンを迎えるこの時季、渋川市・前橋市の観光りんご園では“りんご”の収穫最盛期を迎えます。
 県育成品種の「陽光」「ぐんま名月」や「ふじ」などの人気品種が、観光りんご園や農産物直売所などで購入でき、11月下旬まで楽しむことができます。
中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
秋ソバの収穫作業開始 10月中旬から11月中旬 渋川市  渋川市は県内そばの作付面積の約40パーセントを占める県内最大のそば産地です。赤城西麓では約120ヘクタール、行幸田地区では約10ヘクタールの秋そばが栽培されています。9月中旬からそばの花の見頃を迎え、10月中旬から約1ヶ月間、収穫作業が続きます。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
コンニャクの掘り取り作業開始 10月中旬から12月中旬 渋川市  渋川市の特産である、コンニャクの掘り取り作業が10月中旬から始まります。収穫作業は12月中旬頃まで続きます。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
藤岡市の切り花シンビジュームの出荷開始! 10月中旬~5月 藤岡市、甘楽町  全国有数の切り花シンビジューム産地「藤岡市」では、今シーズンの出荷が10月から始まります。グリーン、ピンク、ホワイトなど色とりどりの切り花が翌年5月頃まで出荷されます。 JAたのふじあぐり東部
電話0274-23-3223
(または
西部農業事務所普及指導課
電話027-321-3600)
下仁田ネギの出荷始まる 10月下旬~1月 JA碓氷安中  JA碓氷安中では、10月下旬から下仁田ネギの出荷が始まります。下仁田ネギは太くて甘みがあり、鍋料理等、種々の料理に使えます。管内では150戸の農家が15ヘクタール程度栽培しています。 JA碓氷安中営農課
電話027-382-1136
ブロッコリーの出荷始まる 11月上旬~ JAたかさき  JAたかさきの管内では約70戸の生産者がブロッコリーを約12ヘクタール栽培しています。晩秋から冬にかけ長期出荷できるように品種や作型を工夫している秋冬ブロッコリーが11月から2月にかけ、出荷されます。 JAたかさき野菜センター
電話0274-353-2615
カキナの定植期 10月中旬 藤岡市、高崎市吉井町  特産野菜のカキナが定植を迎えています。カキナは寒さが本格的になる年末から収穫がはじまり、年明けから春に向けて出荷ピークとなります。 JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
<吉井>
電話027-387-497
秋冬ネギ出荷はじまる 10月~2月 藤岡市、高崎市吉井町  10月後半から秋冬ネギの出荷がはじまります。本年は梅雨時期の日照不足や梅雨明けの高温等でネギにとっては厳しい環境でしたが、生産者の努力により順調に生育し、収穫の時期を迎えます。 JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
<吉井>
電話027-387-497
コンニャク掘り取り始まる 10月下旬~12月中旬 富岡市・下仁田町・南牧村・甘楽町  当地域の特産物であるコンニャクが、収穫期を迎えます。約430ヘクタールで栽培されているコンニャクの掘り取り作業は、10月下旬から12月中旬まで行われます。 西部農業事務所富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
コンニャクの出荷最盛期 10月中旬~12月上旬 吾妻郡東部地域(中之条町、高山村、東吾妻町)  コンニャクは吾妻郡東部地域の特産物で栽培面積は約340ヘクタールです。収穫は10月中旬から始まり、最盛期は11月上旬から12月上旬になる見込みです。出荷されたコンニャク芋は、農協等を通じて県内外の加工業者に販売されます。 吾妻農業事務所 普及指導課
電話0279-75-2364
切り花アジサイ、出荷最盛期 9月中旬~11月上旬 片品村
沼田市
 片品村・沼田市では、ここ数年で全国でも有数の切り花アジサイ産地に成長し、市場からも高い評価を得ています。
 9月下旬~11月上旬にかけて出荷される「秋色ミナヅキ」は、秋冷とともに9月中旬には淡いピンク色、さらに10月に入ると鮮やかな濃いピンク色に変化していきます。
JA利根沼田
農産物集配センター
電話0278-58-2000
利根沼田農業事務所
普及指導課
電話0278-23-0338
コンニャクの収穫始まる 10月中旬~ 沼田市
片品村
川場村
昭和村
みなかみ町
 利根沼田地域は栽培面積1500ヘクタールを誇るコンニャクの産地です。収穫は10月下旬から始まり11月まで続きます。利根沼田地域で生産されるコンニャクは県内生産量の40%を占めています。 JA利根沼田営農部
電話0278-50-6111
利根沼田農業事務所
普及指導課
電話0278-23-0338
りんごの収穫最盛期 10月 沼田市
片品村
川場村
昭和村
みなかみ町
 利根沼田地域はりんごの産地で、栽培面積は約210ヘクタールとなっています。10月は県育成品種の「陽光」収穫が最盛期となり、人気の「ぐんま名月」の収穫も始まります。直売所には他県からもりんごを求めて多くの人が訪れます。 JA利根沼田営農部
電話0278-50-6111
利根沼田農業事務所
普及指導課
電話0278-23-0338
抑制キュウリ収穫盛ん 9月上旬~11月下旬 邑楽館林地域
桐生みどり地域
 邑楽館林地域は全国有数のキュウリ産地です。収穫は9月上旬から始まり、11月下旬まで続きます。また、桐生みどり地域でも8月に定植された抑制キュウリの出荷が盛んに行われています。 東部農業事務所
館林地区農業指導センター
電話0276-74-2257
東部農業事務所
桐生地区農業指導センター
電話0276-76-2047
酒米の収穫最盛期 10月上中旬 桐生市
みどり市
 桐生市新里地区及びみどり市大間々地区並びにみどり市東地区では、6戸2.9ヘクタールで酒造好適米品種「舞風」及び「五百万石」を作付けしています。収穫は10月上中旬の見込みです。 東部農業事務所
桐生地区農業指導センター
電話0277-76-2047
ホウレンソウ栽培盛ん 10月~ 太田市  JA太田市及びJAにったみどり(新田地区)管内は、県内有数のホウレンソウ産地です。10月上旬は露地栽培のは種最盛期です。また雨除けハウス栽培は収穫の最盛期となります。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
樹上脱渋柿の収穫始まる 10月上旬~下旬 桐生市
みどり市
太田市
 樹上脱渋栽培は、樹に実っている渋柿を、固形アルコールを入れたビニール袋で被覆して渋を抜く方法です。果肉がしっかりしていて食感が良いのが特徴です。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
抑制スイカ収穫始まる 10月下旬~11月下旬 太田市  太田市薮塚地区を中心に小玉スイカの生産が盛んです。春から初夏どりの半促成栽培だけでなく、秋どりの抑制栽培も行われています。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
JA太田市薮塚野菜センター
電話0277-78-5201
秋冬ネギ収穫始まる 10月下旬~4月中旬 太田市  JA太田市及びJAにったみどり(新田地区)管内は、県内有数のネギ産地です。秋冬ネギを中心に栽培されており、収穫は10月下旬から始まり、4月中旬まで続きます。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、以下に掲載しているイベント等は中止または延期になる可能性があります。最新の状況は、問い合わせ先に御確認ください。

地域のイベント・研修会・品評会

地域のイベント・研修会・品評会一覧
行事名 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
令和2年度
フレッシュ農業セミナー(第2回)
10月21日(水) あぐりランドいせさき  新規就農者等を対象に農業経営に必要な基礎知識や技術を習得する講座を9月から12月にかけて全4回開催しています。
 第2回目は、農作業安全講習と農業機械操作を実習します。
主催:
佐波伊勢崎地域担い手育成総合支援協議会(JA佐波伊勢崎・伊勢崎地区農業指導センター)
問い合わせ先:
中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
JAはぐくみ「アグリスクール」開催 11月10日(火)
時間:午前9時30分~11時30分
午後1時30分~4時30分
JAはぐくみ本店  JAはぐくみは、新規野菜生産者の確保のため、アグリスクールを開講しています。重点推進野菜を中心に栽培体系や栽培技術など営農に関する全般的な相談会を実施します。 JAはぐくみ本店 営農部
電話027-344-1424
令和2年度農業基礎研修会第1回開催 10月6日(火)
時間:午後1時15分~4時45分
高崎市我峰町、上小塙町、菊池町(農業共済会議室) 就農後3年までの新規就農者等を対象に農業基礎研修会を開催しています。第1回は先輩農業者の経営の取り組みを視察するとともに農業経営士や農村生活アドバイザーと意見交換を行います。 西部農業事務所普及指導課担い手支援係
電話027-321-3600
吉井グリーンツーリズム「サツマイモ掘り体験」開催 10月3日(土)
時間:9時45分~12時
高崎市吉井町池 池公民館  吉井グリーンツーリズムの里づくり推進委員会では、吉井町の農業や歴史・文化についての理解を深め・交流することを目的に様々な体験事業を実施しており、今回「サツマイモ掘り体験」を開催します。 高崎市役所 吉井支所 産業課
電話027-387-3134
「第12回中之条町りんご祭り」の開催 10月18日(日)
時間:9時~15時
中之条ガーデンズ(旧「花の駅 美野原」)前
特設会場
 中之条町では、主に直売向けにりんごが栽培されており(栽培面積約9ヘクタール)、その多くは四万・草津温泉などを訪れた観光客を中心に販売されています。
 そこで毎年、消費者へのりんごPRを目的として、「中之条町りんご祭り」を開催しています。
 今年は、密を避けるため歩行者天国にして開催するなど、新型コロナウィルス感染対策を徹底しながら行われます。
中之条町役場農林課
電話:0279-75-8844
中之条町内おいしいお米コンクール 10月31日(土)
時間:11時~
中之条ガーデンズ
花みどり館
 本コンクールは、中之条町内で栽培されたお米のおいしさを審査し、町内1のおいしいお米を決めるものです。
 今年は9回目の開催となり、新米の販売も行われます。
中之条町役場農林課農業係
電話0279-75-8844
片品村りんごPRイベント 10月24日(土) 道の駅「尾瀬かたしな」  道の駅「尾瀬かたしな」で片品村りんごPRイベントを開催します。りんご(陽光等)の収穫が始まり、紅葉シーズンと合わせて多くの人が訪れます。当日は新型コロナ対策を徹底し、試食はできませんが、りんごの直売を行い、片品村りんごの魅力をPRします。高冷地ならではの果肉のしまった濃厚なりんごは一見の価値ありです。(新型コロナの状況によっては、中止となる場合があります) 片品村農林建設課
電話0278-58-2113

利根沼田農業事務所
普及指導課尾瀬係
電話0278-56-2702
干しイモ作り養成塾の開催 10月24日(土)
時間:9時30分~12時
イモ栽培ほ場(みどり市東町小夜戸)  中山間地域における新たな農業の担い手確保と耕地利用促進による遊休農地の発生防止や地域活性化のため、東町の特産である干しイモの生産技術等を習得する干しイモ作り養成塾を開催します。 みどり市農業委員会事務局
電話0277-76-1939
カキ現地研修会の開催 10月上旬 みどり市  みどり市笠懸地区でカキを栽培している農家を対象に、病害虫の発生状況、収穫適期の確認、新品種の情報交換等について研修会を行います。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212

県域イベント

県域イベント一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
群馬県花品評会(秋季) 10月7日(水)
時間:午後3時~5時
10月8日(木)
時間:午前9時~午後2時
県庁(前橋市大手町) 群馬県の花き生産者が生産した切り花や鉢物、花苗の品評会を開催します。生産者による直売やパネル展示による産地紹介も予定しています。(販売品は売り切れ次第終了となります)
費用:無料
その他:販売品には数に限りがありますので、ご了承ください。
県庁蚕糸園芸課
電話027-226-3126
FAX 027-243-7202
第24回群馬県養蜂協会蜂蜜品質向上共励会 10月14日(水)
時間:午前10時~午後3時30分
(即売:午後1時30分(審査終了次第)~販売終了まで)
一般参加は即売からです。
県庁県民ホール(前橋市大手町) 県内の養蜂家が生産したはちみつの審査・即売を行います。生産者による即売は、午後1時30分(審査終了次第)から販売終了までです。
定員 なし
入場料 無料
申し込み 不要
群馬県養蜂協会(群馬県畜産協会内)
電話027-220-2371
FAX 027-220-2372
県庁畜産課
電話027-226-3114
FAX 027-223-3095

カネコ種苗ぐんまフラワーパーク(外部リンク)

カネコ種苗ぐんまフラワーパーク一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
フラワーハロウィン 10月10日(土)~31日(土)
時間:午前9時~午後5時
カネコ種苗ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) コスモスが咲きそろう園内で行うハロウィンイベントです。 カネコ種苗ぐんまフラワーパーク
電話027-283-8189
FAX027-283-8389

日本絹の里(外部リンク)

日本絹の里一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
企画展「首里織展-あけもどろに染まる美ら布-」 9月10日(木)~11月3日(火・祝)
休館日:火曜日(11月3日は祝日のため開館)
時間:午前9時30分~午後5時
県立日本絹の里(高崎市金古町) 沖縄の気候風土に育まれた多種多様な琉球織物。紋織から絣に至るまで多彩に織られるのが首里織の特徴ですが、その中でも特に、花倉織や道屯織は王家・貴族専用とされ、首里でしか織られませんでした。首里に伝わる洗練されたデザイン、繊細な織り、華麗な色などが特徴の首里織について紹介します。
会期中は「ギャラリートークと機織り実演」、「花織りのコースター作り」等の関連行事を開催する予定です。
※タイトルの「あけもどろ」とは、明け方の頃、朝日に染まり始めた美しい荘厳な様子を賛え表す沖縄地方の言葉です。
費用(観覧料):一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301

県馬事公苑(外部リンク)

県馬事公苑一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
体験乗馬教室4回コース11月生 11月1日(日)~12月28日(月)の希望する4回
※火曜日(祝日の場合は次の平日)を除く
開始時刻 午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 1回当たり45分間の乗馬
対象 当苑を初めて利用する、小学3年生から70歳までの乗馬初心者
定員 20人(先着順)
費用 一般=1万4千2百円、高校生以下=1万2千2百円(受講料、保険料など)
申込期間 9月14日(月)~12月14日(月)
※火曜日(祝日の場合は次の平日)を除く
申し込み方法 電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832
秋の体験乗馬教室 11月15日(日)午前の部、午後の部
開始時刻 午前の部9時30分~正午
午後の部 1時30分~4時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 馬とのふれあいと体験乗馬
対象 小学3年~高校生
定員 各回18人(先着順)
費用 3000円(受講料、保険料など)
申込期間 9月2日(水)~11月4日(水)
申し込み方法 電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832
50歳からの体験乗馬4回コース 10月1日(木)~11月30日(月)の希望する4回
※火曜日(祝日の場合は次の平日)を除く
開始時刻 午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 1回当たり45分間の乗馬
対象 50歳から70歳までの乗馬初心者
定員 20人(先着順)
費用 一般=1万2千2百円(受講料、保険料など)
申込期間 8月15日(土)~11月15日(日)
※火曜日(祝日の場合は次の平日)を除く
申し込み方法 電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
E-mail nouseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。