本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月8日】5月27日の降ひょうによる農作物等の被害状況(概況報告)(技術支援課)

 令和4年5月27日の夕方から夜にかけて、東部地域を中心に県内各地で降ひょうがあり、農作物・農業用施設に被害が発生しました。

1 被害総額

 926,226千円

2 農作物の被害状況

 被害金額:708,172千円(うち平年比30%以上減収ほ場の被害金額:648,832千円)
 被害面積:930.2ヘクタール(うち平年比30%以上減収ほ場の被害面積:800.2ヘクタール)

おもな農作物別被害状況
作物名 被害金額(千円) 被害面積(ヘクタール) 被害市町村
二条大麦 213,515 503.8 館林市、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町
小麦 146,737 276.1 館林市、板倉町、明和町、千代田町、邑楽町等
なす 132,274 15.0 館林市、板倉町、明和町、千代田町、邑楽町等
にがうり 77,627 14.2 館林市、板倉町、明和町、千代田町、邑楽町等
キャベツ 53,816 29.1 沼田市、昭和村、館林市、板倉町、邑楽町

3 農業用施設の被害状況

 被害金額:218,054千円
 被害戸数:176戸(うち10万円以上の被害を受けた被害戸数:175戸)

施設別被害状況
施設の種類 被害金額(千円) 被害戸数(戸) 被害市町村
園芸施設 218,054 176 富岡市、館林市、板倉町、明和町、邑楽町

※被害金額は、ビニール等の被覆資材を全面張り替える場合の金額をベースにしたものです。

4 今後の対応

  1. 被害状況の詳細な調査を進め、市町村、農業団体等の関係機関と十分連携の上、被害状況の確定を行います。
  2. 確定の結果、被害が農災条例の基準を超えた場合、条例を適用し、市町村と連携して樹草勢回復や病害虫防除などのかかり増し経費等への助成を行います。
  3. 引き続き、被害農家に対して、被害状況に応じた病害防除、施肥等の栽培管理指導を行います。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3062
FAX 027-221-8681
E-mail shienka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。