本文へ
表示モードの切替
印刷

【12月14日】路線バス自動運転公道実証実験を実施します(交通政策課)

 県内の路線バスに自動運転技術を普及させるためには、導入に係る費用を低減させることが重要です。県では群馬大学と連携し、昨年度から実証実験を行っておりますが、今年度はバス会社が所有する車両に自動運転に必要な機器を取り付け、公道での実証実験を行います。
 なお、今回の実験は、関越交通株式会社の協力を得て、渋川市内循環のバス路線において臨時便として運行し、導入に向けた諸課題を確認します。

実施期間

 令和3年2月22日(月)~3月5日(金)〔予定〕
 ※火曜日運休、1日8便運行、ダイヤ・出発式当の詳細は別途お知らせします

実験概要

 既存のバス車両に自動運転機器を架装して実験走行

  1. GPS受信機や信号検出用カメラなど、自動運転に必要な機器をキット化
  2. キット化したものを、関越交通株式会社が所有するバスに架装し、自動運転走行
  3. 自動運転率(手動と自動の走行割合)の確認及び手動走行箇所における対策の検討
【運行ルート】渋川市内循環 約3.2キロメートルの地図画像
【運行ルート】渋川市内循環 約3.2キロメートル
【運行予定日】の画像
【運行予定日】

その他

 本実証実験に合わせて、渋川市が「マイクロツーリズム推進モニターバスツアー(第2弾・早春編)」及び「自動運転バス乗車モニターを募集」を企画しています。詳細は令和2年12月第2回市長定例記者会見(渋川市 PDF・6.97MB:外部リンク)をご覧ください。

関連ホームページ

ダウンロードファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部交通政策課
〒371-8570前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3588
FAX 027-223-9510
E-mail koutsuuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。