本文へ
表示モードの切替
印刷

【11月18日】新型コロナウイルス感染拡大が女性に及ぼす影響に関するアンケート調査(ぐんま男女共同参画センター)

1 本調査の趣旨

新型コロナウイルスの感染拡大が、女性の就業や家庭生活、心身の状況にどのような影響を及ぼしているのか等について調査を実施しました。調査結果は今後の事業展開に活用します。

2 調査対象・回答数

県内に在住または通勤・通学している女性 826人

3 調査方法

群馬県庁電子申請システムを利用したWEBアンケート

4 調査期間

令和2年9月25日(金)~10月9日(金)(2週間)

5 主な調査結果

(詳細は県ホームページ新型コロナウイルス感染拡大が女性に及ぼす影響に関するアンケート調査の結果

主な調査結果一覧
設問 回答
自身や家庭の収入は変わったか
  • 収入が減った
167人(20.2%
これから先、自身や家庭の収入は変わるか
  • 収入が減りそう
308人(37.3%)
生活や行動に変化があったか
※複数回答
  • 友達に会えなくなった
620人(75.1%)
  • やりたいことができなくなった
559人(67.7%)
  • 食事の支度や掃除などの家事負担が増えた
246人(29.8%)
心身に変化があったか
※具体的な変化は複数回答
  • あった
576人(69.7%)
  • 不安な気持ちで落ち着かない
320人(55.6%)
  • ストレスから身体の調子が良くない
211人(36.6%)
  • 仕事に行きたくない
134人(23.3%)
ぐんま男女共同参画センターに望むサービス
※複数回答
  • オンラインでの講座・講演等
302人(36.6%)
  • 信頼できる相談機関一覧をHPに掲載
300人(36.3%)
  • 女性のための電話相談の継続
249人(30.1%)

6 調査結果から

  • 新型コロナウイルスの感染拡大は、女性の収入や生活・行動に大きな影響を及ぼしている。
  • 心身への影響はとりわけ顕著で、多くの女性が不安やストレスを感じており、その解決や軽減につながる事業へのニーズが高いと考えられる。

7 今後の対応

  • ぐんま男女共同参画センターでは、女性が抱える不安やストレス軽減のためのオンライン講座の開催や女性の悩みに寄り添う電話相談を実施するとともに、各種相談窓口の周知等を行う。
  • 調査結果については、県庁関係各課へ情報提供し、事業推進に活用してもらう。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

ぐんま男女共同参画センター
〒371-0026 前橋市大手町1-13-12
電話 027-224-2211
FAX 027-224-2214
E-mail sankakuse@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。