ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ぐんまの概要 > 群馬県の歌

本文

群馬県の歌

更新日:2020年10月28日 印刷ページ表示

制定の趣旨

 群馬県の歌は、群馬の美しい自然や、輝く歴史と伝統をたたえ、郷土愛をたかめ、明るく豊かな郷土建設に資するため、躍進する群馬を象徴し、県民こぞって愛唱するにふさわしい歌を広く県民から募集し、昭和43年10月25日に制定したものです。

概要

 作詞 高草木昭允(てるちか)
 補作詞 群馬県の歌選考委員会
 作曲・編曲 服部良一

歌の利用について

 群馬県の歌は、制定の趣旨を踏まえた自由な利用を前提としています。
 ただし、編曲や替え歌など改変することはできませんので、ご注意の上ご利用ください。

画像:群馬県の歌楽譜

一、
晴れやかな 赤城の朝は
よろこびの 歌ごえ高く
光とび 花はひらいて
こだまする 未来のかなた
この丘に
この丘に つどうわれらは
栄えゆく 群馬のいのち

二、
あかねいろ 利根川清く
夕ばえは もえてかがやき
ほこりある 歴史うつせば
とこしえの 文化はみのる
この道に
この道に つどうわれらは
さち多い 群馬のほまれ

三、
ふるさとを 姿にうかべ
鶴のまう 夢はなつかし
もりあがれ こころ合わせて
生産の いしずえ築く
この意気に
この意気に つどうわれらは
あすをよぶ 群馬のちから


指揮 今村能
演奏 群馬交響楽団
歌 塚田京子、松原真介
「群馬県の歌」音声版(その他のファイル:199KB)
「群馬県の歌」音声版(その他のファイル:846KB)
「群馬県の歌」カラオケ版(その他のファイル:880KB)

群馬県の歌・伴奏譜のページへ