本文へ
表示モードの切替
印刷

稲麦研究センターの紹介

稲麦研究センターの本館の写真
稲麦研究センター本館

稲麦研究センターの業務概要

 本県の平坦地帯に適する水稲・麦類・大豆の品種選定や、有望品種の安定生産技術の確立を目指して栽培試験を行っています。また、主要農作物(水稲・麦類・大豆)奨励品種の原原種および原種生産を行っています。

稲麦研究センターの試験研究課題

  • 主要農作物奨励品種決定調査
  • 主要農作物有望品種(水稲・小麦)の安定生産技術の確立
  • 主要農作物生育基本調査(水稲・小麦)
  • 主要農作物の原原種および原種生産

稲麦研究センターの主な研究成果

ぐんま農業新技術

  • 製パン性に優れる畑地向き硬質小麦奨励(認定)品種「ゆめかおり」の特性(令和元年度ぐんま農業新技術)
  • 水稲品種「いなほっこり(仮称)」における積算温度と帯緑色籾歩合を利用した適期収穫(令和元年度ぐんま農業新技術)
  • 水稲奨励(認定)品種「いなほっこり(仮称)」の基肥・追肥体系における施肥基準(平成30年度ぐんま農業新技術)
  • 水稲奨励(認定)品種「いなほっこり(仮称)」の特性(平成30年度ぐんま農業新技術)
  • 発育指数(DVI)に基づく小麦「さとのそら」の生育ステージ予測(平成24年度ぐんま農業新技術)
  • 小麦「さとのそら」の成熟期簡易指標(平成23年度ぐんま農業新技術)

主な論文

  • 群馬県における水稲新品種「いなほっこり(仮称)」の特性[短報](群馬県農業技術センター研究報告第15号、2018、25-27)
  • 小麦「さとのそら」の成熟期簡易指標(群馬県農業技術センター研究報告第9号、2013、77-78)
  • 小麦新品種「さとのそら」の育成(群馬県農業技術センター研究報告第7号、2011、1-12)
  • 酒造好適米新品種「舞風(まいかぜ)」(仮称)の特性(群馬県農業技術センター研究報告第7号、2011、59-60)

稲麦研究センターの沿革

  • 昭和58年4月 農業総合試験場の本所となる
  • 平成6年4月 農業試験場に改組となる
  • 平成15年4月 農業技術センター前橋研究拠点となる
  • 平成24年4月 農業技術センター稲麦研究センターとなる

稲麦研究センターへのアクセス

稲麦研究センターの地図イメージ画像

<電車>

  • 上毛電鉄江木駅下車 徒歩10分

<自動車>

  • 上武道路(国道17号)信号「上武江木」を北上
  • 和菓子店を過ぎ、フェンスがある資材置き場の十字路を右折
  • 狭い坂を下りると、稲麦研究センターのほ場に入る
  • ほ場内道路を左折し、直進すると左側に2階建て本館が見える

組織と仕事のページに戻る | 農業技術センタートップページへ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農業技術センター稲麦研究センター
〒371-0002 前橋市江木町1085
電話 027-269-4171
FAX 027-269-4172
E-mail nogisen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。