本文へ
  • 知事室での山本知事の写真

山本一太知事のページ

知事についてもっと知る
記者会見の知事の写真

<目指すのは幸福度の向上と新たなプライドの醸成~群馬の魅力を世界に発信したい!>
 
 群馬県民の皆さん、新しい知事に就任した山本一太です。新人候補として挑戦した初めての知事選挙では、群馬県知事選史上、最多得票で当選させていただきました。とても光栄だと感じると同時に、県民の期待に応えねばならない大きな責任も痛感しています。身の引き締まる思いです。
 
 私は群馬県選出の参議院議員として、過去24年間、働かせていただきました。この間、法律や制度を作る「ルールメーカー」とも言うべき国会議員として、閣僚や与党幹部、予算委員長等の幅広い役職を経験しました。その中で培ってきた知識や経験、人脈をフル活用し、これからは現場で汗をかく「プレーヤー」(=県民)の代表として、生まれ育った群馬県のために全力で働かせていただく覚悟です。
 
 県民の皆さん、経済成長は元気の源です。幅広い産業振興政策を通じて、県のGDPや県民所得を拡大することが重要なのは言うまでもありません。知事として、県の経済活性化を目標に掲げるのは当然のことです。でも、もっと大切なのは「県民の幸福度」を上げること。私はそう考えています。
 
 表面的な経済指標だけで県民の幸せや豊かさは測れません。県民の幸福度を上げるためには、医療、福祉、介護等の社会保障や教育、子育て環境を少しでも充実させ、県土強靭化や基幹道路の整備等を含む「安心を支える社会基盤」を構築することが不可欠です。
 
 県民の幸福度を向上させることに加え、私は群馬県民の「新しいプライド」を創り上げたいと考えています。私たちの群馬県は魅力にあふれた地域です。豊かな観光資源、数々の特産品、義理・人情を重んじる県民性、バランスのいい住環境。群馬の魅力は枚挙に遑(いとま)がありません。
 
 にもかかわらず、その大きな潜在力に見合った存在感や評価を勝ち得ているとは言い難い状況に陥っています。全国的な魅力度や知名度、幸福度ランキングの低迷が続く現状を目の当たりにして、私を含む多くの県民が、「こんなはずはない!群馬はもっと輝けるはずだ!」と感じているはずです。
 
 今の群馬県に漂うこうした停滞感や閉塞感を、知事の精力的なトップセールスで果敢に打ち破っていきたいと思います。群馬のリーダーである知事に、熱烈な意思とエネルギーが求められるのは当然のことです。
 
 「令和」は内外の難問に立ち向かい、それらを克服していく時代になるはずです。日本にも群馬にも様々な試練が待ち構えています。今こそ、県民が一丸となって群馬県の素晴らしさを国内外に発信し、県としてのブランドを高め、群馬の大いなる可能性を起爆させる必要があります。
 
 そのために必要なのは多角的なブランディング戦略です。あらゆる分野で群馬の存在感を高め、群馬県民の「新たなプライド」を醸成する。県民の心を元気にすることが何より大切なのです。県内に魅力ある雇用の受け皿を作ることはもちろん、県民の幸福度、故郷への愛情、自慢度を高めることで、初めて、人口流出に歯止めをかけることが出来る。逆に皆が住みたいと思う故郷を創生出来る。私はそう確信しています。
 
 私のスローガンは「世界で1人しかいない知事になって、群馬県を世界中に発信する」です。なぜなら「世界はまだ群馬を知らない」からです。 群馬県民の皆さん、新時代の群馬を創る挑戦に、ぜひ参加してください。群馬県の主役は1人1人の県民の皆さんです。力を合わせて、ワクワクするような新しい群馬県を創っていこうではありませんか。

群馬県知事 山本一太

新着情報