本文へ
表示モードの切替
印刷

【9月8日】令和3年度「SDGsぐんま ビジネスプラクティス」を募集します!(産業政策課)

県では、「ぐんまSDGsイニシアティブ」の宣言の下、持続可能な地域づくりに向けて、官民連携でSDGsを推進することとしており、昨年度に引き続き、県内企業等のSDGsに関連した先進的な取組を「ビジネスプラクティス」(先進事例集)として募集し、とりまとめた事例集は冊子(A4サイズ予定)やホームページ、SNSで紹介します。
企業、大学・学生、行政機関、金融機関、投資家等をはじめとして、県内外へ広く発信することでSDGsに関連した新たな事業展開を促します。

1.対象者

県内に本社、支社、工場等の拠点を有し、県内で事業活動を行う法人、大学等で、SDGs関連ビジネスを事業展開している者。

2.募集内容

SDGsの考えに基づき、「社会」「経済」「環境」の側面から持続可能な社会の実現に着目したビジネス。自社の企業価値向上や競争力強化を目指しつつも、以下の「区分、分野・キーワード、取組の着眼点」が意識された取組。

<区分>

  • 「社会課題解決型ビジネス」持続可能な未来に向けて、社会や地域、業界が抱える課題を解決する又はその可能性がある取組
  • 「地域貢献/地域共創型ビジネス」地域の関係者が連携し、イメージやブランド力の視点から地域力を高め、持続可能な社会形成を目指す取組
  • 「環境配慮型ビジネス」環境に配慮した製品・サービスの開発・展開を通じ、自社の競争力を高める取組

<分野・キーワード(主なもの)>

環境・グリーン、デジタル、医療・介護、健康・ヘルスケア、防災・減災、アグリビジネス、まちづくり・コンパクトシティ、伝統技術・文化、共創協働、地域資源(地産地消・地産外商)、自律分散型、国際貢献 等

<取組例(着眼点)>

  • 社会や地域の活性化、業界の発展に資する、又はその可能性がある取組
  • 新しい社会的価値を創出する、又はその可能性がある取組
  • 社会構造や業界構造の改革に資する、又はその可能性がある取組
  • 次代に向けた人材育成に資する取組
  • グローバルな視点で課題解決に資する取組 等

3.応募書類提出期間

令和3年10月1日(金)~令和3年10月22日(金)
※詳細は県ホームページhttps://www.pref.gunma.jp/06/g01g_00077.html)

参考:昨年度の冊子及び掲載例

昨年度ビジネスプラクティス冊子の画像
昨年度ビジネスプラクティス記載例の画像

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

産業経済部産業政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2794
FAX 027-223-7875
E-mail sangyo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。