本文へ
表示モードの切替
印刷

CSF(豚熱)対策について

 本県ではCSFウイルス感染防止のため、農家の皆様には消毒や野生動物の侵入防止の徹底をお願いしているところですが、畜産農家を含む畜産関係者の皆様におかれましては、改めて飼養衛生管理の徹底に万全を期していただくようお願いいたします。
 なお、CSFは、豚やイノシシの病気であって人に感染することはなく、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。仮にCSFにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はありません。

 CSFの患畜の確認についての詳しい情報は、下記報道提供資料のページを参考にしてください。

 CSFについての詳しい情報は、下記のページを参考にしてください。

県内における野生イノシシのCSF(豚熱)ウイルス感染について

1 報道提供資料

2 CSFウイルスが確認された野生イノシシの発見・捕獲場所

野生イノシシのCSF(豚熱)検査(PCR検査)実施状況

10月23日までの、群馬県の野生イノシシのCSF検査状況は表のとおりです。

CSF検査状況一覧
期間 検査頭数(頭) 陽性頭数(頭) 陰性頭数(頭)
令和元年4~9月 210 0 210
令和元年10月1日~令和2年10月23日 1,598 62 1,536
1,808 62 1,746

※4~9月は抗体検査数、10月以降は遺伝子検査数
陽性確認市町村:16市町村/27市町村

本日の野生イノシシのCSF検査(PCR検査)実施状況
発見・捕獲日 発見・捕獲
場所
発見状態 性別 成子の別 体長(センチメートル) 体重(キログラム) 検査日 検査結果
2020年10月16日 前橋市 捕獲 成獣 95 40 10月23日 陰性
2020年10月15日 渋川市 捕獲 成獣 80 30 10月23日 陰性
2020年10月16日 渋川市 捕獲 成獣 110 120 10月23日 陰性
2020年10月16日 渋川市 捕獲 成獣 80 30 10月23日 陰性
2020年10月16日 高崎市 捕獲 成獣 130 60 10月23日 陰性
2020年10月17日 藤岡市 捕獲 成獣 140 80 10月23日 陰性
2020年10月8日 中之条町 捕獲 成獣 不明 70 10月23日 陰性
2020年10月8日 中之条町 捕獲 成獣 不明 50 10月23日 陰性
2020年10月9日 中之条町 捕獲 成獣 不明 70 10月23日 陰性
2020年10月16日 東吾妻町 捕獲 成獣 不明 55 10月23日 陰性
2020年10月17日 みなかみ町 捕獲 成獣 70 15 10月23日 陰性
2020年10月17日 みなかみ町 捕獲 成獣 68 13 10月23日 陽性
2020年10月18日 沼田市 死亡 不明 成獣 150 100 10月23日 陰性
2020年10月15日 桐生市 捕獲 成獣 60 15 10月23日 陰性
2020年10月13日 桐生市 捕獲 幼獣 60 10 10月23日 陰性
2020年10月13日 桐生市 捕獲 幼獣 65 10 10月23日 陰性
2020年10月13日 桐生市 捕獲 成獣 90 40 10月23日 陰性

CSF(豚熱)侵入防止に向けた養豚農家に対する支援

侵入防止柵設置事業

 独立行政法人農畜産業振興機構(ALIC)が行う農場外周の防護柵設置事業に対する支援を行います。
 国が費用の2分の1を補助し、県は4分の1を補助します。

緊急消毒資材の配布

 養豚農家に対して、農場周囲に散布する消石灰を配布しました。

野生イノシシCSF感染確認強化

 県内の野生イノシシにおけるCSFウイルスの浸潤状況を調査するため、鳥獣対策協議会等に委託し捕獲時に採材した血液を用いてウイルス感染の確認を実施しています。

登山者や森林作業者への注意喚起

 CSFウイルスの拡散を防止するため、入山する一般観光者や山林作業者向けに注意喚起チラシの配布・掲示を行っています。

 CSFウイルスは野生イノシシはもちろん、物について運ばれるおそれがあります。本県養豚農場への感染を防止するため、下山時には靴底などの泥をよく落としてくださいますよう、ご協力をお願いします。

消毒ポイントの設置

 本県でのCSFウイルスの拡散を防ぐために設置していた消毒ポイントは、3月31日をもって終了しました。

野生イノシシへの経口ワクチンの散布

 野生イノシシにおけるCSFウイルス拡散を防止するため、経口ワクチンの散布を行っています。

1 散布日

  • 【1回目】 7月29日(水曜日)~7月31日(金曜日)
  • 【2回目】 8月25日(火曜日)~8月27日(木曜日) 

2 散布場所

 高崎市、安中市、長野原町、東吾妻町の林道

3 留意事項

  1. 経口ワクチンは、国の食品安全委員会で安全と評価された成分や食品からできており、人体に安全であると評価されています。
  2. CSFは、豚、イノシシの病気であり、人に感染することはありません。
     また、感染した豚肉が市場に出回ることはありません。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部畜産課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3111
FAX 027-223-3095
E-mail chikusanka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。